このページの本文へ

初心者と女性をメインターゲットに展開

NTTコムとインデックス、Androidアプリストア「appliko」開設

2010年12月21日 21時00分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 NTTコミュニケーションズとインデックスは、Android端末向けにアプリの紹介と販売を行なうアプリマーケット「appliko(アプリコ)」を開設した。

まずはPC向けサイトとして、Androidアプリの紹介記事を掲載している

 現時点ではアプリ紹介やスマートフォン情報を提供するPC向けサイトを公開しており、2010年中にはAndroid端末に最適化されたページをリリース、さらに2011年4月には決済機能を導入して、本格的にアプリの販売を展開する。

2015年には約40%のケータイユーザーがスマートフォンに、そのうち過半数をAndroidが占めると予測する。世界的にもオープンなアプリストアによるコンテンツ販売が拡大すると見ている

 applikoの最大の特徴は、スマートフォン初心者や女性を強く意識したコンテンツラインナップと、その紹介記事。特に女性ユーザー向けにはライフスタイルに合わせた、ネイルやコーディネートなどに関するアプリなどを女性の意見を基にチョイスして紹介する。

applikoの特長は独自のカテゴリ分類を用いた豊富なレビュー記事と女性向けのコンテンツの数々。これもAndroid市場の拡大を見越してのことだ

 またGoogle純正のAndroidマーケットが大雑把にしか分類されず、ソフトウェアの探しにくさの大きな要因となっているが、applikoでは18カテゴリ/108サブカテゴリに細かく分類。メインカテゴリにはランキングを用意するなど、ユーザーに人気のアプリがどれかをわかりやすく見せる。なお現時点で紹介されているアプリ数は250。今後毎日10~20のペースで記事を増やしていき、2011年4月の正式展開時には2000本以上の紹介記事が用意されている予定だ。

 CGM機能についても2011年2月末には追加予定で、ユーザーによるアプリの評価などを投稿できるようになる。また開発者とも連携し、インデックスが持つアプリ検証環境の利用やマーケットへの申請代行などのサービスを提供する。

 発表会に登壇したNTTコミュニケーションズ ネットビジネス事業委本部 IPサービス部長の菅原英宗氏は、同社がISP事業によって800万の顧客ベース、また決済システムなどのバックボーンを持っている一方で、一般のユーザーにアピールするコンテンツの味付けではノウハウがないことに言及。そういった要素を持つインデックスと一緒にビジネスをしていきたいとした。

NTTコミュニケーションズ 菅原氏

インデックス 小川氏

 続いて登壇したインデックス 代表取締役社長の小川善美氏は、フィーチャーフォンからスマートフォンという流れの中で、普通にアプリを提供するだけでいいのか、自らエンドユーザーにアプリを届ける力を持たないと、世界を相手にするコンテンツ市場の中で埋もれてしまうのではないかと考えていたという。

 その中で生まれたのが今回の提携だ。インデックスが持つコンテンツやアプリを提供する力と、NTTコミュニケーションズのデータセンターや課金といった技術とを組み合わせて、スマートフォン市場を盛り上げていきたいとした。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン