このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

ベストな買い方は? 最新ビジネスプリンター 第2回

JUSTIO DCP-9010CN──5万円時代のコンパクトカラー複合機

2009年10月21日 09時00分更新

文● 行正和義

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 プリンターの最新トレンドは以下のリンクからご参照いただけます。


LEDヘッドの採用がコンパクト化を可能とした

 小規模・SOHO向けの小型ページプリンターの低価格化が著しく、10万円を切る製品も多くなってきた。「JUSTIO DCP-9010CN」は、カラー複合機にもかかわらず6万円台という低価格と、机の上に置いても邪魔にならないほどのコンパクトボディが特徴だ。A4サイズの用紙に対応する。

JUSTIO DCP-9010CN

JUSTIO DCP-9010CN

対応用紙サイズに誤りがありました(10月21日)

 本体の小型化は、それまでのLBPではなく新たにLEDヘッドを採用したことが大きい。同じくJUSTIOシリーズにラインアップされ、本機のベースになったと思われるページプリンター「HL-3040CN」の高さは25cm。カラーページプリンターとしては破格のスリムボディとなっている。

HL-3040CN

JUSTIO DCP-9010CNのベースとなった小型プリンター「HL-3040CN」。全高25cmのスリムボディだ

 複合機であるDCP-9010CNはページプリンターの上にスキャナーユニットや操作パネルを持つため、高さに加えて上部ユニットを支えるフレームもあって前後左右に数cm大きくなっているが、それでも底面は428×491mmとA3サイズよりひとまわり大きい程度、高さも40cmと、デスクトップに置いてもそれほど邪魔にならないサイズだ。

 ページプリンター複合機といえばスタンドなど自立させてデスクサイドや壁際に置いていたのに対し、これくらいコンパクトならば単体で空いている机の端に置けるだろう(オプションとしてキャスター付きのプリンター台は用意されている)。

二面図

JUSTIO DCP-9010CNの二面図

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事
最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ