このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

荻窪圭の“這いつくばって猫に近づけ”第122回

パナの「20mm F1.7」レンズで猫撮り

2009年10月09日 12時00分更新

文● 荻窪圭/猫写真家

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

公園に捨てられた子猫

 そんな20mmF1.7のレンズをつけていつも猫と遊んでる都内某公園へ行ってみると、なんとなく様子が変。地域猫ボランティアをしてるおばさんとおねえさんによると、ほんの数日前、やせ衰えた子猫が箱で捨てられていたんだそうな。ふたりとも怒り心頭。

 1匹は介抱の甲斐無く死んでしまったが、もう1匹はなんとか生き延びていて、ブドウ糖や猫用のミルクを与えながら様子を見ているそう。目が目やにでつぶれちゃってるけど、目が見えてないわけではなさそうで、すごく元気である。

円形ケージの端に両前足をのっけて背伸びしてる図。模様はキジトラ(2009年10月 パナソニック LUMIX DMC-GH1)
円形ケージの端に両前足をのっけて背伸びしてる図。模様はキジトラ(2009年10月 パナソニック LUMIX DMC-GH1)

 無謀にもしょっちゅうケージから出ようとする。前足をちょこんとかけた姿が可愛かったので思わず撮影。

F1.7だと被写界深度が浅くて、じっとしてない相手だとピントをちゃんと合わせるのが大変。そんなときは失敗をおそれずにたくさん撮る。ピンボケ写真があって当たり前(2009年10月 パナソニック LUMIX DMC-GH1) ケージから外に出て、か細く「にゃあ」と鳴く。力は弱いけど歯は鋭いので油断禁物(2009年10月 パナソニック LUMIX DMC-GH1)
F1.7だと被写界深度が浅くて、じっとしてない相手だとピントをちゃんと合わせるのが大変。そんなときは失敗をおそれずにたくさん撮る。ピンボケ写真があって当たり前(2009年10月 パナソニック LUMIX DMC-GH1)ケージから外に出て、か細く「にゃあ」と鳴く。力は弱いけど歯は鋭いので油断禁物(2009年10月 パナソニック LUMIX DMC-GH1)

 こんな風にけなげにか細い声で鳴くのである。食欲はなく、まだ体重が標準の半分くらいで予断は許さないといっていたが、非常に元気ではある。見ててひやひやするくらい。

右手でカメラを持ち、左手でそっと撫でつつ撮影。目元が目やにでかなりつぶれてるのが不憫。毎日目薬をさしてるそうな。無事治って里親が見つかることを祈って(2009年10月 パナソニック LUMIX DMC-GH1)
右手でカメラを持ち、左手でそっと撫でつつ撮影。目元が目やにでかなりつぶれてるのが不憫。毎日目薬をさしてるそうな。無事治って里親が見つかることを祈って(2009年10月 パナソニック LUMIX DMC-GH1)

 まだこんなに小さくて軽い。わざわざ猫ボランティアの目につく場所に捨てるくらいなら、子供を産ませない(動物病院で避妊手術をしてくれるし、自治体によっては費用の一部を補助してくれる)、産んじゃったら責任を持って里親を捜す、くらいのことはなんとかしていただきたいと思う秋の空である。


■Amazon.co.jpで購入


筆者紹介─荻窪圭


著者近影 荻窪圭

老舗のデジタル系ライターだが、最近はMacとデジカメがメイン。ウェブ媒体やカメラ雑誌などに連載を持ちつつ、毎月何かしらの新型デジカメのレビューをしている。趣味はネコと自転車で、天気がいい日は自転車で都内を走り回りながら面白いものを見つけては撮影する日々。最近の単行本は『デジカメ撮影のネタ帳 シーン別ベストショットの撮り方』(MdN)、『デジカメ撮影の知恵』(宝島社新書)。密かにネコ動画ポッドキャストも更新中。



*次回は10月16日掲載予定



前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン