このページの本文へ

エンタープライズと小規模の間を埋める製品が登場

デジタルワクチンが効く!TippingPoint 110/330登場

2009年09月29日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 9月28日、米ティッピング・ポイント・テクノロジーズ(TippingPoint)の日本支社は、IPS(Intrusion Prevention System)の新製品「TippingPoint 110/330」の提供を開始した。価格は、初年度のライセンス料金込みで195万円から。

 両製品ともハードウェア仕様は共通で、TippingPoint 110は中規模システム向け。インスペクションスループット(検知速度)が100Mbps、コネクション数25万、1秒あたりのコネクション数は9700となる。

独自開発のシグネチャ「デジタルワクチン」を採用する「TippingPoint 110(上)とTippingPoint 330(下)

 一方のTippingPoint 330はマネージドサービスプロバイダ向けで、インスペクションスループットが300Mbps、コネクション数は変わらないが、1秒あたりのコネクション数が1万8500となる。

 同社では、インスペクションスループットが200Mbps~5Gbpsのエンタープライズ向け製品、20Mbpsの小規模向けの「TippingPoint 10」を販売中。今回の2製品は、これらの間を埋めるラインナップとなる。

■関連サイト

カテゴリートップへ

ピックアップ