このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

AKB48の篠田麻里子が『戦う司書』のミレポックの衣装で完全武装!

2009年09月02日 19時00分更新

文● 清水

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アニメ専門チャンネル「アニマックス」が、10月2日から新作アニメ『戦う司書』をスタート。それに先駆けて9月25日に「いよいよ放送!『戦う司書』直前スペシャル」と題した番組を放送する運びとなり、番組の特別ナビゲーターに就任したAKB48の篠田麻里子さんが1日、都内で記者会見を行なった。

 『戦う司書』は原作・山形石雄さん、イラスト・前嶋重機さんによるライトノベル(集英社・スーパーダッシュ文庫刊)。人が死ぬと魂が結晶化して本になり、本に触れるとその人の辿ってきた記憶を追体験できるという世界観。この本の管理を任された、選ばれし人間が「武装司書」だ。アニメ化にあたっては、主人公のハミュッツ役には朴璐美さん、部下のマットアラスト役には大川透さん、ミレポック役には沢城みゆきさんを起用する。

 会見に登場した篠田さんは、ミレポックのコスプレで完全武装。まずは「かっこいい衣装なので気に入っています!」とひと言。放送直前のスペシャル番組では、このコスプレ姿で作品のナビゲーションをしたり、声優陣へのインタビューなどを行なってくれるという。会見時のやり取りは以下の通りだ。

――本に触れるとその人の人生が追体験できるという内容ですが、もしそんな能力があったら、篠田さんは誰の追体験をしたいですか?
【篠田麻里子】やっぱりAKB48の先生、秋元康さんの過去を追体験したいですね(笑)。どんな幼少時代を過ごしていたのかなと気になって仕方ないので。

――原作に関しての感想はいかがですか?
【篠田麻里子】読んでいるうちにいろいろな謎が出てきたり、その世界観にハマってしまった自分がいました。

――着ているミレポックの衣装について、具体的に好きなポイントは?
【篠田麻里子】剣と銃を持っているということで最強だなって。怖いもの知らずなところがかっこいいと思います。

――AKB48のほかのメンバーには何か言われました?
【篠田麻里子】ブログにアップしたら、「私服?」ってメールがきました(笑)。

 衣装はかなりお気に入りの様子。スペシャル番組の放送は25日の22時から。リピート放送も同日の深夜27時から、翌週の28日の14時から予定されている。

(写真特集ページへ続く)

前へ 1 2 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ