このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

塩田紳二の3年戦える「ビジネスPC」選び ― 第1回

「ネットブック」でなく「ビジネスPC」を選ぶべき5の理由

2009年08月19日 09時00分更新

文● 塩田紳二/イラスト●永野雅子

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

最近のビジネスではPCの利用が不可欠だ。資料(文書)の作成やネット検索による調査、データの分析など、さまざまな場面でPCが使われている。ビジネスでのPCの利用は、趣味でのそれと一線を画する。最大の違いは、ビジネスでのPC利用が何らかの経済的な問題に結びついているという点だ。個人が趣味にPCを使う場合は、オークションに参加したり、株取引でもしないかぎり、経済的な問題に結びつくことはほとんどない。せいぜい「今月は電気代や通信代がいくらかかるかな?」ぐらいだ。また、システムクラッシュで作成中のデータを失っても、それまでの作業時間は無駄になるが、経済的な損失を被ることはまずない。

ビジネスPCに求められる五箇条
ASCII.jpが提言する『ビジネスPCに求められる五箇条』

それに対してビジネスでは、PCで作成された成果物がビジネス自体の成否を左右する。逆に、時間をかけても成果物がきちんと得られなければ、何らかの損失が発生する。システムクラッシュのような事態は、それこそ金銭的な損失に直結するわけだ。

そう考えると、ビジネスで利用するPCは「なんでもいい」というわけでもない。この連載は、ビジネスに利用するべきPCとはどのようなものか、それを製品レビューやメーカーへの取材などを通して明らかにしていくものだ。


ビジネスPCとはコレだ
――ASCII.jp的に定義した

 ここでは、ビジネスで利用する(利用すべき)PCを「ビジネスPC」と呼ぶことにする。ビジネスと一口に言っても指す内容は幅広いが、ここでは主に企業や組織の中で、業務として、個人が行なうさまざまな作業に注目する。企業や組織といっても個人事業者や小規模オフィス(SOHO)のような規模まで想定している。

 個人の生産性向上という点で考えると、企業や組織の規模の違いはさほど大きく影響しないはずだ。ビジネスPCというと、企業の基幹システムの一部としてのPC(企業が一括購入・導入するクライアントPC)もありえるが、この場合は個人的な生産性よりも、大きなシステムの一部として安定動作することがより重要となる。このため、ユーザーによるアプリケーションのインストールや利用範囲が限定されることがあり、個人の生産性向上を目的とした「ビジネスユースPC(企業向けPC)」とは少し方向性が違ってくるので、ここでは除外して考えたい。


ビジネスPCは今や、自分で見きわめる時代!?

 実は、「どんな機種が『ビジネスPC』なのか?」については、広く世間で認知された定義はない。メーカーが販売するPCには、主にビジネス向けの販路(SIer経由や大量一括導入など)で販売されるものと、一般消費者向けの流通経路(家電量販店やPCショップ、個人向け通販サイトなど)で販売されるもの、という違いがあるだけだ。

 しかし、UMPC/ネットブックの登場でPC(主にノートPC)の価格レンジがぐんと広がり、多くの製品が市場にあふれている現在、どれが「ビジネスPC」なのかを見極めるのは難しくなった。また、ビジネスでの利用の幅も広がり、ある意味、どんなPCでも何らかのビジネスに利用できる可能性を持っているのが実情だ。
 販売業者(メーカーやショップの店員)が「ビジネス用」と言ったら、それを信じて使うということもあるだろうが、最終的にどのPCを選ぶかは自己責任である。PCを選択する場合に、価格(コスト)を重視せざるを得ない場合もあれば、性能や信頼性を重視することもあるからだ。つまり、ビジネス利用に足るPCを買うには、自分の目で見極めなければならない時代となりつつあるのだ。

UMPCやネットブックがすべて、ビジネスに使えないというわけでもない
UMPCやネットブックがすべて、ビジネスに使えないというわけでもない。自分の仕事のスタイルに合うかどうかは、自分自身で見極める必要がある

 たとえば、明らかにビジネス用には見えない外観、仕様のものであれば、見分けるのはそれほど難しくない。テレビチューナーやBlu-rayプレーヤー/レコーダーなど、一般的なビジネスシーンに不要と思われるものがあるなら、まず選択肢から外せる。
 しかし、ビジネスPCではないと思われるものを見分けることは、ビジネスPCかどうかを見極めることとは違う。見かけからは、わからないこともある。たとえば、最近はPCの価格が下がり、安価なものなら5万円以下で入手可能にもなっている。これらにはテレビチューナーも内蔵されていないし、外観も普通のPCと変わらない。では、それらがすべてビジネスPCか? というと、そうではない。


 (次ページに続く)

前へ 1 2 3 次へ

この連載の記事
最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ