このページの本文へ

「Silverlight 3」正式版が登場

2009年07月11日 00時10分更新

文●小橋川誠己/Web Professional編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

 ベータ版公開から4カ月。マイクロソフトのRIA(リッチ・インターネット・アプリケーション)プラグイン「Silverlight 3」の正式版がリリースされた。公式なアナウンスはまだだが、マイクロソフトのダウンロードサイトでは正式版を意味する「Silverlight 3 RTW (3.0.40624.0)」が公開されている。複数の米メディアの報道によると、マイクロソフトは現地時間10日にサンフランシスコで開催するローンチイベントでSilverlight 3を正式発表する予定だという。

Silverlightのダウンロードページ(左)。Silverlightの公式サイトも、Silverlight 3の新機能をアピールする内容にリニューアル(右)


 Silverlight 3は、H.264のサポート、HD(高精細画質)動画の全画面再生への対応など、ストリーミング関連機能の強化が目立つ。一方で気になるのが、「Out Of Browser」(デスクトップ上でSilverlightアプリケーションを実行できる機能)、3Dグラフィックス機能など、どことなくAdobe AIRやFlashを彷彿とさせる新機能だ(関連記事)。

 マイクロソフトは従来「SilverlightはFlash対抗ではない」と主張してきたが(関連記事)、Silverlight 3ではそれがどのように変わるのか。7月16日に東京都内で開催されるWebデザイナー/デベロッパー向けカンファレンス「ReMIX Tokyo 09」(関連記事)にも、そのヒントがありそうだ。

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

この記事の編集者は以下の記事をオススメしています

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く