このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

全部知りたい! iPhone 3GS & iPhone OS 3.0 第1回

HD動画と写真で体験! iPhone 3.0新機能カタログ

2009年06月18日 22時32分更新

文● 広田稔/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

iPhoneの最新OSで100を超える新機能が加わった

 18日に登場したiPhoneの新しいOS「iPhone OS 3.0」。インストール方法をまとめたこちらの記事に続いて、iPhone 3.0の新機能を動画と写真でダイジェストにお届けしていこう。




OSの機能強化

カット/コピー/ペースト

 最大の目玉と言っても過言ではないのが、アプリケーション間でテキストがカット/コピー/ペーストできるようになったことだろう。ウェブで見つけた情報やURL、住所録の電話番号をメールするときなど、あらゆる場面で役立つはずだ。

 下記の動画ではウェブページのテキストをコピーして、メモに貼り付けてみた。テキストの一部を押し続けて虫眼鏡(拡大表示)が現れてから離すと、ポップアップが出てくる。青いマッチ棒のようなアイコンをドラッグして編集範囲を指定し、実行したい指示を選ぼう。



文章を書いているときは、全文選択にも対応する

カット/コピー/ペースト

Safariでリンクを押し続けた場合は、画面下からダイアログが現れて、コピーを指示できる


横向きキーボード

 メール、SMS/MMS、メモ、Safariなどで横向きのキーボードが使えるようになった。フルキーボードではキーが大きくなるため、より押しやすくなっただろう。

横向きのキーボード

フルキーボード表示で横向き

横向きのキーボード

テンキー表示で横向き


Spotlight検索

 iPhone内のアプリや情報をキーワード検索できる「Spotlight検索」が新たに備わった。iPhoneのホーム画面を左側にスワイプするか、ホーム画面でさらにホームボタンを押すことで、このSpotlightの画面が現れる。キーワードを一字ずつ入力していくと、該当項目を絞り込んで表示してくれる。あとは目当てのデータをタップすれば直接開ける。



Spotlightで検索する項目は、「設定」→「一般」→「ホーム」→「検索結果の表示」で指定できる

 編集部で試してみたところ、現状では日本語に対応していない部分もあるようだ。例えば、日本語の人名で検索を実行したところ、該当するメールがリストアップされなかった。

前へ 1 2 3 4 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中