このページの本文へ

Point of View「ION-MB330」

PCI Express x16スロット搭載のIONマザーボードが少量入荷!

2009年06月17日 21時45分更新

文● 宇田川和成/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Point of ViewからCPUにデュアルコアの「Atom 330」を採用するIONマザーボード「ION-MB330」が発売された。

「ION-MB330」 基板
型番 CPUにデュアルコアの「Atom 330」を採用するPoint of View製IONマザーボード「ION-MB330」。入荷数は非常に少なく、すでに完売状態となっている

 本製品は、NVIDIAのGPU内蔵チップセット「MCP7A-ION」を搭載し、CPUにデュアルコア「Atom 330」を採用するMini-ITXマザーボード。
 主な構成は先に登場したZOTAC「IONITX-D-E」と同様だが、最大の違いはPCI Express x16スロットが1基用意される点だ。これにより、購入後の使用環境などにより別途ビデオカードを用いることで容易にパワーアップすることができるのが特徴となる。
 その他、主な仕様はメモリスロットがDDR2-667/800対応のDDR2 SO-DIMM×2(8GBまで)、オンボードインターフェイスにHDMI/DVI/D-Subや6chサウンド、ギガビットイーサネット、Serial ATA II×4を搭載。価格はクレバリー1号店とクレバリーインターネット館で2万8323円となっている。ただし、入荷数は極少量ずつとなっている。

PCI Express x16スロット I/O部
裏面 主な仕様はメモリスロットがDDR2-667/800対応のDDR2 SO-DIMM×2(8GBまで)、オンボードインターフェイスにHDMI/DVI/D-Subや6chサウンド、ギガビットイーサネット、Serial ATA II×4を搭載する
付属品 仕様
メモリスロットはノート用のSO-DIMMとなるが、PCI Express x16スロットによりビデオカードを追加できるなど、購入後性能を容易に向上できるのが魅力と言えるだろう

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中