このページの本文へ

購入に至るまでの流れ

2007年02月23日 09時00分更新

田嶋 節和/株式会社サーフボード 代表取締役 Webマスタースクール 校長

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

 今回は、ネットショップにおけるお客様の購買に至るまでの流れについてです。

 インターネットが普及する前までの消費者の購買パターンは「AIDAMAの法則(原則)」であらわされていました。

「AIDAMAの法則(原則)」

  • A(Attention-注意を引く)
  • I(Interest-興味を引く)
  • D(Desire-欲求をもたせる)
  • M(Memory-記憶する)
  • A(Action-行動する)

 そして新たにでてきたのが、新法則「AISAS」です。インターネットの普及により、興味を持ったら買う前にウェブでSearch(検索)する行動に出るというのがあたりまえのことになっているようです。また、買った後にShare(人に話す)するというのも、最近の行動特長です。

「AISAS」

  • I(Interest-興味を持つ)
  • S(Search-調べる)
  • A(Action-行動する)
  • S(Share-人に話す、口コミ)

 ネットショップにアクセスしたお客様の注文・問合せに至るパターンを下記の表にまとめてみました。右側には、「サイトの仕掛け」について列記しましたのでサイトのコンテンツを考える上で、参考にしてください。

お客様の購買パターン

著者プロフィール

名前 田嶋 節和 tajima[アットマーク]surfboard.co.jp
※著者に直接問い合わせをする際は、お名前、会社名、サイトURLなどを明記してください。
会社 株式会社サーフボード
サイト http://www.surfboard.jp/

Web Professionalトップへ

この連載の記事

一覧へ
Web Professionalトップページバナー

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く