このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

Excelでマスター「ビジネスデータ分析」実践の極意 第1回

Excelはデータベース活用ツールだ

2009年05月18日 09時00分更新

文● 住中光夫

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「なぜ、ビジネスデータ分析が必要か」

Excelでマスターする『ビジネスデータ分析』実践の極意

R

http://ascii.asciimw.jp/books/books/detail/4-7561-4295-8.shtml

 長引く不況の中で、実務現場で緻密でかつ戦略的なビジネス活動が求められています。その中のひとつとして、多量な実務データを分析して問題点や課題を発見し、その原因や要因を求め、より具体的な対策を立てる「ビジネスデータ分析」があります。

 ビジネスデータ分析とは、実務現場のひとりひとりが行なう数千数万件の多量な実務データを用いた分析のことです。誰もがすぐに始められ、すぐに役立つビジネスデータ分析。しかし、その進め方や実践手法、利用ツールは意外と知られていません。

 本連載はExcel解説書「Excelでマスターする『ビジネスデータ分析』実践の極意」から一部を抜粋・再編集したものです。Excelは単に表計算やグラフを作るだけのツールではありません。Excelに用意された豊富なデータ分析ツールを使いこなすことで、いままで見過ごしてきたビジネスチャンスやつまづきの芽を、ガッチリ見つけましょう。


「Excelで実践するビジネスデータ分析」

 何万件にもおよぶデータを、いとも簡単に分析できるツールがExcelです。Excelの中にある「ピボットテーブル」という機能を利用すれば、誰もが今日からビジネスデータ分析を行なえます。ツールは、すでに机の上のパソコンの中にあります。しかし、どのような観点や切り口で分析し、そのためにはどのようにデータ加工やグラフ作成を行なえばよいか、その手法や操作方法が求められています。


「売上を上げ、業務を画期的に効率化するビジネスデータ分析」

 筆者は、数万人の大手企業や数十人の中小企業の実務現場で、その企業の実務データを利用したデータ分析の研修や実践の仕組み作りを数多く実施し、多くの社員が売上拡大や業務効率化に役立った経験を持っています。その方々からも、Excelを利用したビジネスデータ分析の手法や操作方法を是非本にして欲しいという要望を多くいただきました。

 本書は、そのような実務現場ですぐに役立つ実践手法を、というアスキー社からの依頼で出版することになりました。


「今日から始めるビジネスデータ分析」

 本書では、ビジネスデータ分析の基本的な考え方から、実践的な要因分析などの手法、そして具体的なExcelのピボットテーブルの操作方法などと、すぐに利用できるビジネスデータ分析用の生データの入ったCD-ROMも添付し、今日からビジネスデータ分析がスタートし実践できるようにしました。また書籍では、マイクロソフト社のご厚意で「住中先生のビジネスウィザード 2004」と呼ぶ分析ツールの体験版もCD-ROMに収録いたしました。

 20年来のライフワークである実務現場でのビジネスデータ分析を、数多くの方々が実践し、ビジネスを「早く」「楽に」「よいものに」そして「楽しく」する事に少しでもお役に立てればと思っています。

前へ 1 2 3 4 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事
最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ