このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

Wiiの行列は長さも待遇も段違い――またしてもビックカメラ有楽町店に並んでみた

2006年12月02日 18時30分更新

文● 編集部 橋本 優

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
完売御礼
ついに有楽町の“最後尾”の看板も“完売御礼”に
列の最後尾
列の最後尾は東京国際フォーラム周辺を半周した上、敷地内にも誘導されていた

Wii購入シートが配られた後の5時41分。ついにビック有楽町店でも並んでいる人たちの数が在庫数と同じになったため、列への誘導が打ち切られた。後で確認したところ、その数はなんと2000人。有楽町店のPS3の初日販売在庫数は1000台であり、その2倍の人たちが並んでいることになる。結論としては始発で来ればなんとか購入できたと思うが、悠々とは行かなかった。というか、我々の性格を考えれば、始発どころか寝坊して朝7時ごろにひょっこり足を運んでいただろう。その意味では、冒頭の編集長の発言に感謝である。

イベント風景
発売イベントの様子。私は見ていないのでなんともいえないが、登場したのはソニックなんだ……

発売1時間前の午前6時。今回は不参加のはずのコバQが応援に来てくれた。私の代わりに店頭で実施されるWii発売イベントの取材をしてくれるとのこと。颯爽とイベント開催場所に走っていく姿はかなりカッコよかったのだが、残念なことに写真を撮り忘れた。

移動する人たち
店員の誘導に従い移動する人々。PS3の時とは比べ物にならないぐらいのスムーズさ

午前7時。ついにWiiの販売が開始された。PS3の時は発売が開始されてからも列が動くことはなく、結局購入できたのは3時間後の午前10時だった。ところが今回は発売直後から列がどんどん前に流れていく。Wii購入シートの威力がここで発揮されているわけだが、それだけではなくレジの数も大幅に増えているようだ。PS3の時は店頭の4台のレジしか稼動していなかったが、今回は店頭のほか、店内のレジもフル稼働させていた模様。我々は会計の際に店内に通され、そこで会計を行なった。結果、前述の通り549番目という順位だったが、購入できたのは発売から1時間後の午前8時。もう、感動モノである。とはいえ現地に待機していた時間も含めると、結局購入までには11時間30分かかったのだが。

前回のPS3の時と比較して、今回のビックカメラ有楽町店の完璧な対応には正直舌を巻いた。誘導もPS3の時とは比較にならないほどスムーズだったが、並んだのはほとんどが日本人のようで、言葉の壁もなく意思の疎通がうまくいったのが要因の1つかもしれない。唯一、PS3の時よりもつらかったのは外気温であり、今回は寒さとの戦いと言ってもよかった。願えるなら、『Xbox 360』発売時にヨドバシカメラが実施していた、ホッカイロとホットコーヒーの配布みたいなことまでしてくれれば最高だったが、2000人という数を考えればそこまでは望めないか。

Wiiを持つ筆者
会社に戻ってWiiを開封。一緒だった2人は疲弊しきった感じで帰宅し、私はこの原稿を書いている

前へ 1 2 3 4 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン