このページの本文へ

オーバークロッカー注目! OCZからメモリ冷却ユニット「XTC Memory Cooler」が登場!

2006年11月24日 00時00分更新

文● 北村

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 OCZからメモリモジュールの冷却ユニット「XTC Memory Cooler」が登場した。同製品を販売するOVERCLOCK WORKSによると、「オーバークロックメモリはスペック電圧が高いため、メモリもしっかり冷却したほうが安定動作が望める。特に2.3V以上電圧をかけるという方にオススメ」とのこと。

「XTC Memory Cooler」
OCZ製のメモリモジュール冷却ユニット「XTC Memory Cooler」

 メモリモジュールへの取り付けはメモリをスロットに固定する“ツメ”いわゆる“ラッチ”の部分を利用して固定する。アルミ製の本体にはハニカム状の穴が開いており、そこにブルーLED内蔵の6cmファンを2基搭載。ファンのスペックは、回転数が3000rpm、風量が16CFM、騒音値が21dBとなっている。メモリスロットの真上に6cmファンが2基搭載されるため、マザーボードによってはCPUクーラーやビデオカードなどが同製品と干渉する可能性があるので、購入前には確認が必要だろう。同店によると、ASUSTeK製「P5B Deluxe」、「P5W DH Deluxe」、DFI製「INFINITY 925X/G」はギリギリ取り付けが可能。また、Gigabyte製の「965P-DS4」、「965P-DQ6」は短いタイプのビデオカードでないと取り付けられないとのこと。干渉についての詳細は同店のBlogに掲載されているので、購入前に確認するといいだろう。価格は2400円となっている。

動作時 接続部
ブルーLED内蔵の6cmファンが2基搭載されており、メモリの上からマザーボードに向かって風を送り冷却する仕組みだ取り付けはメモリをスロットに固定する“ツメ”いわゆる“ラッチ”の部分を利用して固定する
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ