このページの本文へ

水陸両用? 空冷にも水冷にも対応したメモリモジュールがOCZから登場!

2006年12月15日 23時36分更新

文● 北村

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 OCZから水冷システムに対応したヒートスプレッダを搭載するDDR2メモリモジュール「OCZ DDR2 PC2-9200 FlexXLC Edition」(型番:OCZ2FX11502GK)が登場した。特徴的なのが、水冷システムのチューブを接続できるメモリクーラー。通常はアルミフィンを備えたヒートスプレッダによる空冷方式で冷却可能だが、水冷システムを接続すれば水冷クーラーとして機能する。空冷と水冷の両方の冷却方式に対応した、まさに水陸両用メモリクーラーだ。

「OCZ DDR2 PC2-9200 FlexXLC Edition」
空冷にも水冷にも対応したヒートスプレッダが特徴のDDR2メモリモジュール「OCZ DDR2 PC2-9200 FlexXLC Edition」水冷システムのチューブを繋げば水冷化できる。もしかしたらチューブから風や息を吹き込んでも冷えるかも?

 PC2-9200(DDR2-1150)動作をうたう製品で、1GBモジュールの2枚セットとなる。電圧設定は2.35Vで、レイテンシは5-5-5-18。ショップによると水冷ではなく空冷でこのスペックだという。価格はOVERCLOCK WORKSで7万5800円。

内部構造 製品
内部の構造。ヒートスプレッダが奪った熱を、上部のアルミフィンと水冷システムで冷却するPC2-9200(DDR2-1150)動作をうたう製品で、1GBモジュールの2枚セットとなる
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ