このページの本文へ

メモリスロットに装着するメモリ用クーラーに新モデル!今度はファンコン付き

2004年10月29日 23時53分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 今年1月に発売されたメモリ用クーラー「Memory Module Cooler」。メモリスロットに装着して使用するというユニークな製品だが、これによく似た「CP-500」が登場した。今回の製品は、メモリをスロットに固定する“ツメ”の部分を利用して、メモリモジュール上に橋を掛けるように装着して使用するというコンセプトはそのままに、新たにファンコントロールを装備するのが特徴。

「CP-500」 使用例
「CP-500」。代理店はスマイルで、以前販売されていた「Memory Module Cooler」によく似ているメモリをスロットに固定する“ツメ”の部分を利用して、メモリモジュール上に橋を掛けるように装着して使用するというコンセプトはそのまま

 本体中央には、ダイヤル式のつまみが用意されており、これで搭載する2個のファンの回転数を調節する。パッケージには最大回転数は6500rpmという記述は見えるが、最低回転数についての記載はない。また、ダイヤルの下にはLEDが設けられており、回転数により最大3つまで点灯するようだ。販売しているのはアークで2280円。代理店はスマイルとなっている。

ファンコン 裏側
新たにファンコントロールを装備するのが特徴。ダイヤルの下のLEDは、回転数により最大3つまで点灯するようだ確かに、直下のメモリモジュールを直接冷却するという意味では効果はありそう
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ