このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

アキバ系PC美少女ゲームの祭典“DreamParty東京2006秋”開催! 来場者の熱気はすごかった!

2006年10月24日 22時44分更新

文● 今 俊郎

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 22日、東京国際展示場ビッグサイトにて“DreamParty東京2006秋”が開催された。このイベントは、美少女ゲームメインのコンベンション型イベントとしては国内最大級のもの。コミックマーケット企業ブースの倍のスペースに、66ものブース(18禁ゾーン49、一般ゾーン11、boy'sParty6)が出展。イベントスタートを前に、早くから多数の来場者が会場前に集まった。

 イベントは11時から17時まで。午前中はアイテム販売がメイン。昼過ぎには新作PRグッズの無料配布。そして14時あたりから各ブースでトークイベントや新作発表会などが相次いで実施された。また、ライブステージでも時間を空けることなくイベントが実施された。18禁ゲームを中心としたアキバ系ユーザーにとっては、楽しむことに苦労することのない1日になったと言えるだろう。

 イベントのラストは、声優&ボーカリストとして、人気絶頂の榊原ゆいさんによるライブが開催され、ステージ前には1000人以上のファンが集結。こうした大イベントにぴったりな榊原ゆいさんの熱いパフォーマンスと一緒に、この日のイベントの中でも最大級の盛り上がりとなり、1日の幕を閉じた。以下では今回のイベントをフォトレポート形式でお伝えしよう。

ブースによっては長蛇の列も!

イベント開始30分前から入場がスタート。人気ブースはアッという間にファンが会場外まで!整然と列を作って、イベント開始を待つ。ここで慌てるのはスマートなアキバ系ではありません
11時になり、アイテム販売が解禁。限定グッズを購入したファンは、すかさず別のメーカーの列へ並ぶのだ(写真はま~まれ~ど) 新作PRも盛んに実施。美少女ゲームオンラインパートナーズでは、ユーザーにネットゲーム利用のアンケートを行なっていた
同時開催のBoy'sPartyは、ボーイズラブ作品のメーカーが出展。新作情報や関連グッズには女性ユーザーの熱い視線が!一般ゾーンへの出展企業は、家庭用ゲームメーカーやグッズメーカー、メイド喫茶と多彩。コスパは今回も多数の人気アイテムを用意していた
新作のデモムービー公開が多かったのも、今回のDreamPartyの特徴。今秋TV放送された「Gift」の原作メーカーも最新作のデモを公開していた販売がひと段落したら、販促アイテムの無料配布会。DreamPartyは、各メーカーが調整して、時間限定で実施する(写真はユーフォニー)
一般ゾーンでは中学生3人、小学生2人のユニット「KISS!い・も・う・とClub」がデビュー記念の握手会を実施。セーラー服が眩しすぎ15時近くになると、トークショーを開始するメーカーが出てくる。制作スタッフや出演声優などによるぶっちゃけトークはDreamPartyでも人気の催しだ(写真はLamp of Suger)
景品付きミニゲームもDreamPartyのお楽しみ企画。萌人/SOFTブースでは、コスプレ美女に囲まれてのボール投げゲームを実施16時を過ぎると、会場もラストスパート。各ブース前では最後のPRと一緒に、好例のジャンケン大会。他のメーカーからの飛び入りも!

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ