このページの本文へ

他メディアが取り上げない“東京ゲームショウ”の穴場! アキバ系アイテム満載の物販ブースを直撃取材!

2006年09月22日 00時00分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 “東京ゲームショウ2006”が本日より始まり、報道陣や流通関係者が「PLAYSTATION 3」をはじめとする新製品に殺到する中、Akiba2GO!の記者は、美少女グッズなどを販売する物販ブースで至福の時間を過ごしていた。ここではアキバ系アイテムにしか反応を示さないダメ記者が見つけた、心の隙間を埋めてくれる注目の製品を紹介しよう。

タンブラー ストロー差込口
テクモのブースで販売されていたタンブラー。スロットマシン「リオデカーニバル」のヒロインRioが優しい目で微笑んでいる。その表情もさることながら、日焼けの跡が心をかきむしる逸品だ。価格は5800円このタンブラーのフタには、いろいろと想像力をかきたてさせる表情を浮かべたRioが描かれている。しかも、ストローがRioちゃんの口に差し込まれているため、まるで口移しで飲み物を飲んでいるような気分にさせられる。これなら嫌いな牛乳でもおいしく飲めそうだ
マウスパッド 2つのふくらみ
こちらはRioのマウスパッド。使用者の手首と心を同時に癒してくれるという魔法のアイテムだ。ちょうど胸の谷間に手首が収まり、絶妙なホールド感が癖になる心地よさを生み出している。恥ずかしそうに胸を突き出したRioの表情が最高なのだが、そもそも製品自体が恥ずかしい後ろめたさを感じながらも、胸のクッション部を指で押すと、なにかに包み込まれるようなやわらかい感触を味わえる。それでいて適度な反発力が指を押し返して存在を主張する。この弾力バランスからは、長年の研究の成果や開発者の意気込みが伝わってくる。さすがはこの商品8800円もするだけはある
レイファン抱き枕 至福の時
テクモの対戦格闘ゲーム“デッド オア アライブ”シリーズに登場する太極拳の使い手、レイファンの等身大抱き枕。肌色率が高いため、慣れないうちはこれを抱くと眠るどころか逆に興奮してしまうだろう購入にはかなりの勇気と支出を覚悟しなければならないが、写真のダメ記者のように、脳内で自分だけの世界を瞬時に構築できる人ならば、それに見合うだけの安らぎが得られるはずだ
水着 ビッグタオル
Xboxの鼻血噴出ソフト「デッド オア アライブ エクストリーム ビーチバレー」で、キャラクタが装備していた破壊力抜群の水着を商品化。胸にゼッケンが付いたスクール水着などが1万9000円で販売されているが、購入しても使い道に困るのが難点こちらはCOSPAで販売されている美少女ビッグタオル。やはり絵柄はスクール水着だ。会場では4800円相当のビッグタオルが必ず1枚入った福袋を3000円で販売していた。来場記念に迷わず3袋以上は購入すべし!
COSPA 東京マルイ
アニメやゲームのキャラクタのグッズを広く取り扱うCOSPAのブース。ビッグタオルのほかにもTシャツや抱き枕を販売していた。ゲームショウのあとにわざわざ秋葉原まで行かなくても、お気に入りのキャラクターグッズが買えるのは便利東京マルイのブースにズラリと並ぶ電動ガン。銃はアクションゲームなどによく登場するため、ゲーマーには馴染みが深い。ゲームの主人公が使用する銃が欲しくなったら同社のブースを訪れるといいだろう
【関連記事】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ