このページの本文へ

「Windows XP」の新バージョン? “Service Pack 2b”と記載された「Windows XP」OEM版の販売が始まる

2006年07月20日 00時00分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 マイクロソフトから「Windows XP」の新バージョンと思われる“SP2b”が登場している。同社からの正式発表がないため詳細は不明だが、販売を開始したアークでは従来の“SP2”より数百円程度高めの価格で売られている。

SP2b
ショップに入荷されるときに使用されているダンボールパッケージに貼られたシールには“SP2b”の文字が確認できる
2種類
“SP2b”版のProfessionalとHome Edition。従来の“SP2”との区別は全くつかない

 販売されているのはFDDなどとのセット販売でのみ購入可能なOEM版で、ProfessionalとHome Editionの2種類。写真のように外観で“SP2b”と判断できるような記載はなく、唯一ショップに入荷されるときに使用されているダンボールパッケージに貼られたシールでのみ判別可能だ。なおアークによると「Active Xに関する箇所に変更があったと聞いている」とのこと。価格はFDDとのセット購入の場合「Windows XP Professional SP2b」が1万9210円、「Windows XP Home Edition SP2b」が1万2780円となっている。

【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ