このページの本文へ

新OS「Windows XP Tablet PC Edition 2005」DSP版の販売が突如スタート!!

2005年11月19日 20時41分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 マイクロソフトの新OS「Windows XP Tablet PC Edition 2005」のDSP(Delivery Service Partner)版の販売が今日から始まった。一部ショップによると22日からの販売が告知されていたが、一足早くクレバリー1号店と同インターネット館で販売されている。

XP Tablet PC Edition
マイクロソフトの新OS「Windows XP Tablet PC Edition 2005」のDSP(Delivery Service Partner)版
ポップ
一足早くクレバリー1号店と同インターネット館で販売されている

 「Windows XP Tablet PC Edition」のDSP版は、昨年登場した「Windows XP Media Center Edition 2005」同様、マイクロソフトが自作市場向けに投入する新OS。同社のOS「Windows XP Professional」をベースとした製品で、これにタブレット機能を新たに追加したモデルだ。先月21日に行われた冬商戦におけるコンシューマー向けWindows関連製品の戦略説明会では、OEM版Windows XPのようなパーツとのバンドル販売が明らかにされていた。同社によると、これにより「従来のタブレットPCの枠だけにとらわれないデザインの製品のリリースを促進、タブレットPCの普及拡大を図る」としている。
 本日発売を確認したクレバリー1号店と同インターネット館では、価格2万1524円(FDDとのバンドル価格)。「Windows XP Professional」より約1000円ほど高くなっている。このほかZOA秋葉原本店では2万980円(TEAC製FDDとのバンドル)、T-ZONE.PC DIY SHOPでは2万2890円(FDDとのバンドル)となっているが、いずれも発売は来週22日からとなっている。

【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ