このページの本文へ

防衛はまず家庭から? 秋葉原ではミサイルの部品だけでなくミサイル本体も売っていた!

2006年07月13日 22時39分更新

文● 北村

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 PCからミサイルの発射や照準コントロールが可能な超小型ハイテク兵器「USBミサイルランチャー」がドスパラアキバ店に入荷した。この超小型ミサイルは発射台ごと携帯が可能で、USBポートのあるPCさえあれば、いつでも発射できるという、スパイが喜びそうな製品となっている。

「USBミサイルランチャー」 ミサイル発射準備完了
USBでミサイルをコントロール可能な「USBミサイルランチャー」ミサイルは3発装填可能。いかにもミサイルといった形が相手に威圧感を与える

 PCとの接続はUSBで行ない、付属の専用ソフトをインストールすることで発射台の方位角と仰角を調整可能だ。ミサイル発射の操作もPC上で行なえ、発射には上官の許可を得たり、離れたところにある2つのキーを同時に回したり、特殊なパスワードを打ち込んだりといった面倒な手順は必要なく、制御ソフトの“FIRE”ボタンをクリックするだけでOKだ。これは敵の急襲に遭っても迅速に反撃できる優れたインターフェイスといえよう。ミサイルランチャーは3発の小型ミサイルを発射可能で、手動で再装填することで何度でも発射できる。ミサイルランチャーの動力には単3型乾電池を3本使用し、USBバスパワーには対応していないようだ。

発射台
発射台は単3型乾電池×3で動作するインターフェイスはUSB。バスパワーには対応しておらず、角度の調整や発射といった命令のみが本体に送信されてるようだ

 ミサイルは、中指よりやや長い程度の大きさとなっており、発泡ウレタンのような素材で構成されている。同ミサイルはランチャーに内蔵されたバネの力で発射されるが、弾頭にはなにも装填されておらず、着弾しても爆発しないため、殺傷能力はきわめて低い。あくまで威嚇用と割り切るしかないが、PCから遠隔で狙いをつけて発射できるのは非常にワクワクする。司令官やスパイの気分を味わいたい人には最適な製品だといえよう。価格はドスパラアキバ店で3980円。なお、ドスパラ本店でも近日入荷を予定している。

ミサイル 付属ソフト
ミサイルは中指よりやや長い程度の大きさとなっており、発泡ウレタンのような素材で構成されている。軽量のため飛距離は長い付属の制御ソフトで発射台の角度を調整したり、ミサイルを発射可能だ
発射10秒前 発射
かなり威圧感のある外観。遠くに飛ばすときは仰角を45°にして発射すると遠くまで飛ぶ机の上から実際に発射してみた。写真中央の床に着弾しているとおり、飛距離はなかなかのもの。実用性はともかく、USBで制御できるというのが男心をくすぐる
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ