このページの本文へ

PCからミサイルの発射や照準コントロールが可能な超小型ハイテク兵器「USBミサイルランチャー」に後継モデル? 大砲型の新モデルも

2006年11月22日 00時00分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 今年7月に発売され話題となったPCからミサイルの発射や照準コントロールが可能な超小型ハイテク兵器「USBミサイルランチャー」の後継?モデル「USB Missile Launcher」が発売中だ。さらに今回は「USB Circus Cannon」という別モデルも用意されている。

「USB Missile Launcher」 「USB Missile Launcher」
前作「USBミサイルランチャー」と異なり「USB Missile Launcher」はUSBバスパワーに対応した

 前作「USBミサイルランチャー」との変更点はUSBバスパワーに対応したところ。付属の専用ソフトをインストールすることで発射台の方位角と仰角を調整可能なほか、3発の小型ミサイルを発射可能という点も同じだ。もうひとつの「USB Circus Cannon」は大砲型の新モデル。基本的な構造は同じながら、付属品にミサイルをキャッチできる小型のネットが付くのが特徴。販売しているのはドスパラ本店と同秋葉原2号店 Prime館、同アキバ店で、価格は4980円となっている。

「USB Circus Cannon」 「USB Circus Cannon」
「USB Circus Cannon」は大砲型の新モデル。基本的な構造は同じながら、付属品にミサイルをキャッチできる小型のネットが付くのが特徴だ
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ