このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

VAIO VGN-UX90<ゼロスピンドル>

VAIO VGN-UX90<ゼロスピンドル>

2006年06月28日 00時00分更新

文● 行正 和義

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

VAIO VGN-UX90<ゼロスピンドル>

ソニー/ソニーマーケティング

直販価格20万9800円~

VAIO VGN-UX90<ゼロスピンドル>
SONY Flash on ASCII
“type U<ゼロスピンドル>”をはじめとしたソニー製品はこちらから購入いただけます。画像をクリックするとアスキーとソニースタイルのコラボレーションサイト “SONY Flash on ASCII”に移動します。

スライド式の液晶モニタとキーボードを備え、ノートパソコンというよりもPDAに近いサイズの“VAIO UX50/UX90”は、モバイルユーザーにとってのWindows機としては、かなり理想的なマシンと言えるだろう。発表当初からHDDの代わりにフラッシュメモリを搭載したモデルが予告されて話題になっていたが、ついに追加モデルとして「VGN-UX90PS/90S<ゼロスピンドル>」(以下、ゼロスピンドル)が登場した。HDD代わりの16GBのフラッシュメモリを搭載することに加え、ワンセグ(携帯機器向け地上デジタル放送)チューナーも内蔵するエンターテインメント機になっている。ここではそのファーストインプレッションをお伝えする。仕様についてはニュース記事を参照いただきたい。なお、ゼロスピンドルはCTO販売の“VAIO OWNER MADEモデル”のみとなる。



より軽快なモバイルユースを実現

ゼロスピンドル(左)とHDDモデル(右)とのカラーリングの違い。シルバーからブラックとなったことでやや軽快な印象はなくなったが高級感のあるデザインとなったキーを操作するとキートップ面がLEDバックライトによって光るギミックはHDDモデルと同様だが、LEDライトが明るく青白くなってより目立つようになった

 基本的なボディの形状は従来のHDDモデルとほとんど変わっておらず、ワンセグ用のアンテナが装備されているのが唯一の違いだ。ただ、ボディカラーは従来、ブラック(ディスプレー部)とシルバー(キーボード部)のツートーンだったのに対し、本機では全体がブラックのモノトーンとなり高級感を演出している。さらに、キーボード操作時にはキートップ部がLEDによって光るという演出がされているのは従来のHDDモデルと同様だが、LEDの色がやや明るく青白くなり、黒くなったキーボード面のカラーとのコントラストが映えるようになっているのは芸が細かい。

右側面(上)はグリップ兼用のバッテリー。左側面(下)にはCFスロットとUSB端子が用意されている前面(上)はメモリースティック Duo用スロットと排熱口、背面(下)はイヤフォン、マイク、AC端子などが並ぶ

 本機の最大の特徴は“ゼロスピンドル”、つまり回転系デバイスであるHDDを排除したことにより、まずは軽量化している点が挙げられる。ワンセグチューナーが入っているとはいえ、重量は約492gと、HDDモデルの約520gよりも約28g軽量化した。500円硬貨4枚分程度と考えるとそれほど軽くなったように感じないが、実際に持ち比べて見ると若干左右の重量バランスが変わっていることが分かる。また、手に持って使っているとわずかに感じていたHDDの振動がまったくなくないのもフラッシュメモリらしい。さらに電池駆動時間に関しても、HDDモデルの3.5時間から4時間に伸びている(いずれも標準のSバッテリー使用時)。オプションの大容量バッテリは2倍の容量なので、最大8時間の利用が可能ということを考えれば、かなり実用性が高まったと言えるだろう。

 type Uの1.8インチHDDに比べてアクセス速度が速いため、全体的に速度が向上していることもメリットのひとつだ。Windows XPの起動(デスクトップ画面が表示されるまで)を実測してみると、HDDモデルが49.3秒だったのに対し、ゼロスピンドルモデルは33.2秒に、標準搭載の地図ソフトプロアトラスの起動は18.1秒が8.6秒となるなど、特にドライブに頻繁にアクセスする処理で大幅にスピードアップしている(※1)。ハイバネ状態からの復帰は5~6秒程度だが、こちらでもわずかながら(0.5秒程度)速くなっているなど、より軽快になったのはありがたい。

※1 上記の測定結果は編集部調べのため、使用環境によって異なる場合があります

 何より嬉しいのは、HDDがないため振動や衝撃に対して過敏にならなくてもいいところだ。モバイルパソコンの場合、例えばカバンにパソコンを入れたまま走らなければならない場合には、カバンを極力揺らさないようにと気を遣うことも多いだろう。もちろんゼロスピンドルだからといって衝撃や振動を加えても絶対に壊れない、ということではないが、HDDというデリケートなパーツがないことで、かなりの安心感が得られる。

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン