このページの本文へ

マイクロソフト、次期オフィス製品“the 2007 Microsoft Office system”日本語早期評価版の提供を開始

2006年05月24日 17時02分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

マイクロソフト(株)は24日、第4四半期に発売を予定している次期オフィス製品“the 2007 Microsoft Office system”の日本語版ベータ2の提供を同日付けで開始すると発表した。

提供するのは以下のラインアップ。
  • 『Microsoft Office Professional Plus 2007』

  • (Access 2007/Excel 2007/InfoPath 2007/Outlook 2007/PowerPoint 2007/Publisher 2007/Word 2007)
  • 『Microsoft Office SharePoint Designer 2007』
  • 『Microsoft Office Visio Professional 2007』
  • 『Microsoft Office Project Professional 2007』
  • 『Microsoft Office OneNote 2007』
  • 『Microsoft Office Groove 2007』
  • 『Microsoft Office InterConnect 2007』
  • 『Microsoft Office SharePoint Server 2007』
  • 『Microsoft Office Groove Server 2007』
  • 『Microsoft Office Project Server 2007』
  • 『Microsoft Office Forms Server 2007』

同社のウェブサイト“http://www.microsoft.com/japan/office/preview/”からの無償ダウンロードのほか、“CD/DVDキット”も提供する(実費1575円で6月中旬以降に発送の予定)。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン