このページの本文へ

日本AMD、サーバー&ワークステーション用のデュアルコアOpteronに3種類の新CPUを発表

2006年03月06日 22時19分更新

文● 編集部 小西利明

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
“デュアルコアAMD Opteronプロセッサ”
“デュアルコアAMD Opteronプロセッサ”

日本エイ・エム・ディ(株)は6日、サーバー&ワークステーション向けCPU“デュアルコアAMD Opteronプロセッサ”に、3種類の新製品を追加したと発表した。全製品とも従来品に比べて200MHzほどクロック周波数が向上した、最高速品となっている。

発表された製品は以下のとおり。マイクロアーキテクチャーやキャッシュメモリー容量、HyperTransportリンク数などは従来品どおり。いずれも0.13μmプロセスで製造され、製造工場はドイツのドレスデン工場。

8ウェイ/16コア エンタープライズサーバー向け

デュアルコアAMD Opteronプロセッサ モデル885
クロック周波数:2.6GHz、Socket 940対応
価格:2149ドル(約25万1992円)、即日出荷開始

2ウェイ/4コア サーバー&ワークステーション向け

デュアルコアAMD Opteronプロセッサ モデル285
クロック周波数:2.6GHz、Socket 940対応
価格:1051ドル(約12万3240円)、即日出荷開始

1ウェイ/2コア サーバー&ワークステーション向け

デュアルコアAMD Opteronプロセッサ モデル185
クロック周波数:2.6GHz、Socket 939対応
価格:未公表、30日以内に発売予定

新CPUを搭載する製品については、米IBM社、米サン・マイクロシステムズ社、米ヒューレット・パッカード社が発売の予定。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン