このページの本文へ

最少構成で15万切り! “Core Duo”を搭載したドスパラのオリジナルノートPC「Prime Note Chronos N1」の予約受付が始まる

2006年02月11日 22時33分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 “Core Duo”シリーズを搭載したショップブランドノートPCの展示が始まった。登場したのはドスパラのオリジナルノートPC「Prime Note Chronos N1」。2月下旬の発売予定で、現在ドスパラアキバ店で実機が展示中だ。

Prime Note Chronos N1
“Core Duo”シリーズを搭載したドスパラのオリジナルノートPC「Prime Note Chronos N1」。2月下旬の発売予定で、現在ドスパラアキバ店で実機が展示中だ
ポップ
ポイントはやはり販売価格の安さといえそうで、最少構成(OSなし/Core Duo T2300)では15万円を切る14万9980円となっている

 一部メーカー製ではすでに販売の始まっている“Core Duo”シリーズ搭載ノートPCだが、ショップブランドという形で販売されるのはおそらく今回が初めて。ポイントはやはり販売価格の安さといえそうで、最少構成(OSなし/Core Duo T2300)では15万円を切る14万9980円となっている。
 主な基本仕様はインテル Centrino Duo モバイル・テクノロジの基準を満たすものとなっており、チップセットが“i945GM”。DDR2 SO-DIMM×2(PC4200/最大2GB)、80GB HDD(5400rpm/SerialATA/変更不可)、DVD±R/RWドライブ(DL対応)、IEEE1394、ギガビットイーサネット、54Mbps無線LAN(IEEE802.11a/b/g準拠)、VGA、サウンド、4in1カードリーダー(MS/MS Pro/SD/MMC)、ExpressCardスロット×1。サイズは329(W)×273(D)×26.3(H)mmで重量2.3kg(標準2.2時間動作するリチウムイオンバッテリーバッテリー含む)。上部に130万画素CMOSカメラを内蔵する液晶は、14.1インチ光沢ワイド液晶ディスプレイ(WXGA/1280×800ドット)を採用している。
 いよいよ本領発揮といえそうな“Core Duo”シリーズ搭載ノートPCを安く手に入れたいと考えているユーザーにとっては注目の製品となりそう。実際に触った感触などを確かめた上で、ゆっくり検討してみるとよいだろう。

キーボード DVD±R/RWドライブ
ポインティングデバイスはタッチパッド方式。ショップによると初期入荷モデルのキーボードは88キー英語キーボードとなるが、徐々に日本語キーに変更になるというDL対応のDVD±R/RWドライブは標準装備だ
出力 閉めた
アナログモニター(D-Sub15ピン)×1/S-Video出力×1を装備主な基本仕様はインテル Centrino Duo モバイル・テクノロジの基準を満たすものとなっている。変更可能なのはCPUとメモリ、OSの有無となる
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ