このページの本文へ

マザーだけじゃないぞ!初のCore Duo対応ノートPCベアボーンMSI製「MEGABOOK MS-1057」の販売もスタート!

2006年03月24日 23時43分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 本日、Core Duo対応マザーの第1弾「945GT Speedster Plus」を発売したMSIだが、こちらも初となるCore Duo対応ノートPCベアボーン「MEGABOOK MS-1057」の販売もスタートしている。

MS-1057 MS-1057
初のCore Duo対応ノートPCベアボーン「MEGABOOK MS-1057」がMSIから登場。チップセットには“i945GM”+“ICH7-M”を採用する

 Core Duo対応ということで、チップセットには“i945GM”+“ICH7-M”を採用。サイズは303(W)×225(D)×26(H)mmで、液晶パネルには光沢タイプの12.1インチWXGA(1280×800)を搭載している。メモリはDDR2-677対応のSO-DIMMスロットを2本。VGAやサウンド、IEEE1394、100/10Base-TXを装備するほか、別売の無線LANカードが搭載可能なMiniCardスロットを1基備える。
 HDDは9.5mm厚2.5インチUltraATA100タイプとなるほか、光学ドライブにはDVD±R/RW/-RAM(+R DL対応)ドライブを搭載済み。Express CardスロットとMMC/SD/メモリースティックに対応する3in1カードリーダーライタも用意されている。その他、バッテリーはリチウムイオン4セルタイプ2200mAhで、最大稼動時間は約1.5時間。付属品にMSI製のマウスも付いている。なお、カラーリングはブラック。同社ウェブサイトに掲載されているホワイトではないので注意が必要だ。価格はアークとT-ZONE.PC DIY SHOPで10万4800円。ほかに高速電脳にも近日入荷予定で、こちらは9万8800円で予約を受付中だ。

スペック スペック
主なスペック。チップセットが変更となった以外は従来のシリーズとあまり変化はない。メモリはDDR2-677対応のSO-DIMMスロットを2本搭載する
サイズ 裏面
サイズは303(W)×225(D)×26(H)mmで、液晶パネルには光沢タイプの12.1インチWXGA(1280×800)を搭載HDDは9.5mm厚2.5インチUltraATA100タイプとなる
光学ドライブ マウス
光学ドライブにはDVD±R/RW/-RAM(+R DL対応)ドライブを搭載済みだ付属品にMSI製のマウスも付いている
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ