このページの本文へ

HDDを熱から守る! ラトックシステムから冷却ファンを搭載したHDDケース「SA-IFKU2AF」が登場!

2006年01月31日 23時08分更新

文● 北村

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ラトックシステムから冷却ファンを搭載したSerial ATA用の外付けHDDケース「SA-IFKU2AF」が登場した。スタンドと一体化した冷却ファンは、Nidec製の35mm角のものを採用しており、内部で発生した熱をトレイ側面から放出できる。同社によると「ファンレス時と比べて、最大5℃の温度低下を確認した」とのこと。

「SA-IFKU2AF」
冷却ファンを搭載したラトックシステム製外付けHDDケース「SA-IFKU2AF」

 アルミ製の本体にはHDDに貼り付ける熱伝導パッド(沖電気工業製「まず貼る一番」)が付属しており、HDDの熱をすばやく吸収できるように工夫されている。さらに、添付の温度監視ユーティリティ(WindowsXP/2000用)により、HDDの温度に応じて高速(50℃)/中速(40℃)/低速(30℃)の3段階のファンコントロールが可能だ。また、本体に装着するクリアスタンドは、縦置き、横置きのほか、スタック(積み重ね)にも対応している。本体はカートリッジ方式のため、別売の“REX-SATAシリーズ交換用トレイ”を追加すれば、“トレイ接続キット”と呼ばれるカートリッジを付け替えるだけでHDDの交換が可能。HDD交換の度に内部ケーブルをつなぎ直す必要がなく便利だ。インターフェイスはUSB2.0で、対応OSは、Windows XP/2000/Me/98 SE、MacOS X 10.2.8以降/MacOS 9.2.2となる。本体のサイズは117(W)×191.7(D)×41(H)mm。トレイ接続キットのサイズは118(W)×42(D)×37(H)mm。価格は俺コンハウスで1万1800円。

トレイ 製品の構造
スタンド一体型の冷却ファンはNidec製の35mm角のものを採用。本体はアルミ製で、HDDに貼り付ける熱伝導パッドが付属しているカートリッジ方式のため、“トレイ接続キット”を付け替えるだけでHDDの交換が可能だ
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ