このページの本文へ

Gigabyteから“i915G”+“ICH6”チップセット搭載の安価なマザー「GA-8I915MD-G」が登場!

2005年10月28日 23時40分更新

文● 北村

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Gigabyteから“i915G”+“ICH6”チップセットを搭載した安価なMicro ATXマザーボード「GA-8I915MD-G」が発売された。

「GA-8I915MD-G」 拡張スロット
Gigabyte製“i915G”+“ICH6”チップセット搭載のMicro ATXマザーボード「GA-8I915MD-G」拡張スロットはPCI Express x16×1、PCI×3という構成。PCI Express x1は搭載していない分PCIスロットが多めだ

 以前紹介したGigabyte製“i915G”チップセット搭載のMicro ATXマザー「GA-8I915G-MF」との違いは、搭載可能なメモリがDDR400からDDRII533に変更になったことと、PCI Express x1スロットがなくなり、代わりにPCIスロットが1基増えたこと。また、サウンドが8chから6chになったことなど。オンボードインターフェイスは、チップセット内蔵のVGA機能(最大8MBビデオメモリシェア可能)、Realtek製“8110S”コントローラ採用のギガビットイーサネット、Serial ATA×2など。価格はパソコンハウス東映で9880円、アークで9980円、ツクモパソコン本店IIで1万100円。

South bridge リアインターフェイス
South bridgeは“ICH6”(FW82801FB)リアインターフェイスはUSB 2.0×4、ギガビットイーサネット、6chサウンドなど
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ