このページの本文へ

チューブ型のアンプ搭載ポータブルスピーカ「DX-P106 DX」が登場!

2005年10月08日 22時51分更新

文● 北村

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Well Mike製のアンプ搭載ポータブルスピーカ「DX-P106 DX」が登場した。販売を行なうのはバリューウェーブ。

「DX-P106 DX」 レッドモデル
チューブ型のデザインが特徴的なポータブルスピーカ「DX-P106 DX」カラーはブルーとレッドの2色をラインナップしている

 本体中央には音圧を表示するライトバーを装備。アンプ部の実用最大出力は2W+2Wで計4W。スピーカの最大入力は3W。サイズは200(W)×57(D)×52(H)mm。電源は単3型乾電池×4、もしくは別売のDC 5V/1Aアダプタを使用する。乾電池を使用しない場合は、電池ボックス内にアナログ音声ケーブルを収納できる。カラーはブルーとレッドの2色をラインナップ。価格はフェイスで2870円。

スイッチ 電池ボックス
本体上部に電源スイッチと音量調整ボタンを用意本体裏面の電池ボックス。乾電池を使用しない場合は、電池ボックス内にケーブルを収納できる。
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ