このページの本文へ

PSPと相性バッチリのあのスピーカに直径63mmのサブウーファー搭載モデルが登場!

2005年09月24日 04時21分更新

文● 北村

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 以前紹介した「PlayStation Portable」(以下PSP)対応のプリンストンテクノロジー製コンパクトスピーカ「PSP-MSSHS」に直径63mmのサブウーファーを搭載した上位モデル「PSP-MSSH」が発売された。

「PSP-MSSH」 サブウーファーは可動式
PSP対応のサブウーファー搭載2.1chステレオスピーカ「PSP-MSSH」PSPを接続する場合はサブウーファー部を後ろに倒す

 スピーカのドライバユニットに直径32mmのアルミニウム製を使用し、最大出力10W(2.5W×2+5W)のパワーアンプを内蔵する。S/N比は65dB以上。電源は単3アルカリ乾電池を4本使用し、最大約10時間の連続音楽再生が可能。「PSP-MSSHS」と同様、電源としてPSPに付属のACアダプタが利用可能で、音声出力をしながらPSP本体にも充電できる。付属品はキャリングケースなど。サイズは280(W)×38(D)×102(H)mm、重量は約430g。価格はOnenessで7680円。

背面 電池ボックス
背面にはACアダプタの接続端子と音声入力端子があるのみで非常にシンプル電源は乾電池とACアダプタの2Way。単3アルカリ乾電池4本で動作する
スピーカ サブウーファー
スピーカのドライバユニットは直径32mmのアルミニウム製。最大出力は2.5Wサブウーファーは直径63mmで最大出力は5W
PSP接続用オーディオプラグ PSP接続用電源プラグ
PSP接続用オーディオプラグ。本体にPSPを接続すると、このプラグがPSPの音声出力端子に刺さる仕組みだPSP接続用電源プラグ。PSP用のACアダプタを使用すれば、音声出力をしながらPSP本体に充電できる
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ