このページの本文へ

Gigabyte製“nForce 4 SLI”搭載マザーの新モデルが1万2000円割れで販売開始!

2005年09月02日 00時00分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Gigabyteから同社4モデル目となる“nForce 4 SLI”搭載マザーボード「GA-K8N-SLI」が登場した。販売価格が約1万2000円前後と同社製“nForce 4 SLI”搭載マザーとしては最安となる製品だ。

シール
パッケージ正面に張られたシール。“新国民的SLIマザーボード!”という謎のキャッチフレーズとともに女性2人が…

 このマザーは、すでに販売中の「GA-K8NXP-SLI」「GA-K8N Ultra-SLI」「GA-K8N Pro-SLI」の下位モデルにあたる製品だ。その「GA-K8N Pro-SLI」からの変更点はIEEE1394bが省略されたところ。そのほか、拡張スロットがPCI Express x16×2、PCI Express x1×2、PCI×2、DDR DIMM×4となる点や、8chサウンド(Realtek/ALC850)、ギガビットイーサネット(CICADA/8201)、Serial ATA II×4(nForce 4 SLI/RAID対応)がオンボードで搭載されている点、さらにチップセットがヒートシンクのみのファンレス仕様となるところは変わらない。価格はドスパラ本店で1万1800円、ツクモパソコン本店IIで1万2700円となるほか、アークと高速電脳電脳でも入荷予定となっている。

「GA-K8N-SLI」 ブラケット部
基板は空きパターンだらけのシンプルなものになった「GA-K8N-SLI」主なオンボードインターフェイスは、8chサウンドやギガビットイーサネット、Serial ATA II×4くらいだ
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ