このページの本文へ

ラオックス ザ・コンピュータ館がリニューアルオープン! ロボットコーナーも新設!

2005年08月26日 23時55分更新

文● 北村

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 24、25日と改装工事を行なっていたラオックス ザ・コンピュータ館が本日リニューアルオープンした。6階にはPC関連の書籍を扱う“BOOKフロア”が復活したほか、4階には“ロボットコーナー”が新設された。

ポップ 構成
店頭に掲示されていたリニューアルオープンを知らせるポップ各階のフロア構成。赤い文字が新設されたフロアだ

 各階のフロア構成は、以下の通り。

1階:デジタルカメラ・デジタルオーディオ・携帯電話・ブロードバンド
2階:アクセサリ
3階:パソコン・プリンタ
4階:周辺機器・PCパーツ・モニタ・ロボット
5階:PCソフト・ビジネスコーナー・ネットトレード体験コーナー
6階:書籍

 4階のPCパーツ関連のフロアは大幅に面積を増加しており、店員によれば「まだすべての製品を並べていない。明日以降も取り扱い製品数は増えます」という話だ。また注目は同階に新設されたロボットコーナーで、HITEC製「ROBONOVA-1」やKONDO製「KHR-1」、夢現工房製「MT-01」などの10万円前後のロボットキットを販売している。このコーナーでは28日まで、燃料電池で動作するスピーシーズ製ロボット「Speecys-FC」(250万円)を展示。ツクモパソコン本店にある“ロボット王国”以外にも専門ショップが増え、ロボットファンには嬉しいところだ。
 そのほか5階にネットトレード体験コーナーを開設。ラオックスのウェブサイトによれば「ネットトレードのための使いやすいPCシステムを提案」するためのサービスで、丸三証券株式会社が行なっているネットトレーディングサービス“マルサントレード”の申し込みや操作方法などを体験できるとのこと。なお、昨日紹介した“The Mac Store”同様、9月4日まで現在リニューアルオープンセールを実施しているので、興味のある方は寄ってみよう。

パーツフロア モニタフロア
4階のパーツ関連のフロア面積は大幅に広くなった以前は5階にあったモニタ関連製品は4階に移動した
マザー ロボットコーナー
マザーボードがズラリと並んだようすは壮観。この反対側にも同じようにマザーボードが並んでいる新たに新設されたロボットコーナー。こちらも随時商品を追加していくという
ロボットキット Speecys-FC
人気のロボットキット。実際に動作させてデモを行なうことも予定している燃料電池で動作するスピーシーズ製ロボット「Speecys-FC」(250万円)。28日まで展示予定
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ