このページの本文へ

120mm角ファン5基搭載!! トールスピーカーのようなThermaltake製水冷キット「Symphony」が展示中!

2005年07月30日 00時00分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 8月に発売予定のThermaltake製水冷キット2モデルが30日からUSER'S SIDE本店で展示されている。なかでもトールスピーカーのような水冷キット「Symphony」は一見の価値あり。2本並べての展示だけに、余計スピーカーに見える。

「Symphony」 土台
一見トールスピーカーのような水冷キット「Symphony」。製品自体は1本でポンプ(90l/hr)やラジエーターなどを搭載した一体型のもの。当然、2本揃える必要はない素材はアルミ製で高級感ある作りとなっている

 「Symphony」は、サイズが1100(H)×150(W)×105(D)mmという巨大水冷キット。大きいことで有名なZALMAN製「Reserator1/Plus」でさえ高さ592mmということからも、いかに大きいかがお分かりだろう。製品は2つのポンプ(90l/hr)やラジエーターなどを搭載した一体型のもので、冷却用のファンにはなんと5基もの120mm角ファン(1400rpm/16dB)を装備。水冷ヘッドは、LGA775/Socket 478/939/754のCPUに対応している。発売は来週5日を予定しており、予価3万9800円。HTPCの水冷化にはもってこいの製品となりそうだ。

120mm角ファン 背面
良く見ると5基もの120mm角ファン(1400rpm/16dB)を装備背面側。ヘッドは、LGA775/Socket 478/939/754のCPUに対応している

 また8月11日発売予定の製品として、5インチベイ内蔵型の水冷キット「AquaBay」も展示されている。こちらは、水位が確認できる透明なパネルや流が確認できるフローメーターを備えたインジケータユニット「AquaBay M1」(5インチベイ2段タイプ)、アルミ製フィンと120mm角ファンを備えたラジエーター「AquaBay M2」、250cc搭載可能な冷却液タンク「AquaBay M3」の3つで構成される。ユニークなのは3モデルセットでの使用はもちろんのこと、それぞれ独立した製品として他社製水冷キットと組み合わせの使用可能となるところだ。なお、価格はいまのところ未定となっている。

「AquaBay」 AquaBay M1
5インチベイ内蔵型の水冷キット「AquaBay」。3つシリーズで発売予定だ水位が確認できる透明なパネルや流が確認できるフローメーターを備えたインジケータを備える「AquaBay M1」。5インチベイを2段消費する
水が流れる 使用例
水が流れる様子は見ていても涼しげ使用例。このほか、それぞれ独立した製品として他社製水冷キットと組み合わせの使用可能だ
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ