このページの本文へ

2GBモデルもラインナップ!“スライド式USB端子”を搭載した「Rio Unite 130」が登場

2005年04月03日 03時25分更新

文● 美和

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 リオ・ジャパンからUSB端子を本体に収納可能な“スライド式USB端子”を搭載したフラッシュメモリ型のオーディオプレーヤ「Rio Unite 130」が登場した。容量は2GB/1GB/512MB/256MBの4種類がラインナップされており、本体カラーはそれぞれシルバー/レッド/ネイビー/オレンジ/スカイブルー(2GBモデルはシルバーのみ)が用意されている。

本体
2GBのモデルも用意されたフラッシュメモリ型のオーディオプレーヤ「Rio Unite 130」
カラー
本体カラーはそれぞれシルバー/レッド/ネイビー/オレンジ/スカイブルー(2GBモデルはシルバーのみ)が用意されている

 本体サイズは26(W)×70(D)×18(H)mm、重さは40g。青と黄の2色で発光する有機ELディスプレイを使用。表示言語は日本語/英語/韓国語/中国語(簡体、繁体)の4ヵ国語。本体側面には再生/停止、早送り/巻き戻し、音量調整ボタンなどを配置している。サポートする音声フォーマットは、MP3(16~320kbps)、 WMA(32~192kbps、DRM対応)、Ogg Vorbis(96~320kbps) のほか ASFやWAVにも対応。VBR(可変ビットレート)のファイル再生やID3タグVer.1/2もサポートする。また76~108MHzの周波数に対応したFMチューナを搭載しており、20局までセット可能なほか、オートスキャン機能も搭載。本体にはアナログ音声入力端子や内蔵マイクを搭載しており、MP3(64~160kbps)で録音可能。FM放送のタイマー録音にも対応する。インターフェイスとしてヘッドフォン端子(オーディオミニ)やUSB端子(USB2.0対応)などを装備。電源はリチウムイオン充電池を使用し、連続再生時間は最大27時間となっている。対応OSはWindows 98 SE/Me/2000/XP、Mac OS 9.1以上、Mac OS X 10.1以上、Linux Kernel 2.2以上(ファームウェアのアップグレードはWindows対応)。
 2日に編集部で確認できたのは1GB/512MB/256MBの3モデルとなっており、価格はTWOTOP秋葉原本店で1GBモデルが2万5780円、512モデルが1万8780円、256モデルが1万4780円。なお、2GBモデルの入荷は未定とのこと。

ボタンその1 ボタンその2
音量調整ボタンや録音ボタン、エフェクトボタンなどが搭載されている左の写真の反対側の側面には、再生/停止、早送り/巻き戻しボタンなどが集められている
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ