このページの本文へ

SDメモリーカードを起動ドライブにできる変換アダプタ「IR-SDIDE02S」が登場

2005年03月11日 23時46分更新

文● 美和

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アイアールキューブからSDメモリーカードを起動ドライブをして利用可能にするSD/44ピンIDE変換アダプタ「IR-SDIDE02S」が登場した。コンパクトフラッシュに対応した変換アダプタはSybaの“Dragon”シリーズなどがあるが、SDメモリーカードに対応した製品は珍しい。

本体
SDメモリーカードを起動ドライブをして利用可能にするSD/44ピンIDE変換アダプタ「IR-SDIDE02S」

 基板上にはSDメモリーカードスロットを1つ搭載。マスター/スレーブを切り替えるためのスイッチも用意されている。本体サイズは69.5(W)×69(D)×9.5(H)mmとなっており、44ピンIDEコネクタを搭載するため、そのままノートPCの2.5インチHDDの代わりに利用可能だ。基板の両側には、ノートPCの2.5インチHDDの固定用のネジ穴に合わせたプラスチック製の固定器具も取り付けられている。対応するメモリはSDメモリーカードのみとなっており、マルチメディアカード(MMC)には非対応。ただし、同社のウェブページには「SDカードアソシエーションで策定されたSDメモリーカード規格にのっとった製品であれば基本的に使用可能」と記述されているが、ショップによるとSDメモリーカードとの相性が激しく、動作しないケースも多分にあるとのこと。価格はパソコンハウス東映で6980円。

スロット ディップスイッチ
カードスロットは1つだけとなっている中央の茶色いフィルムで覆われているディップスイッチでマスターとスレーブを切り替える
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ