このページの本文へ

“Geode NX”最下位モデル「Geode NX 1250@6W」が発売に

2005年02月18日 19時57分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 AMDの低消費電力CPU“Geode NX”の最下位モデル「Geode NX 1250@6W」の販売がはじまった。入荷したのはバルク版。価格はドスパラ秋葉原本店で、6980円となっている。

Geode NX 1250@6W
“Geode NX”の最下位モデル「Geode NX 1250@6W」。熱設計電力(TDP)が平均6W、最大9Wという低い数値を実現しているのがウリ
Socket A
CPUパッケージは462ピン。いわゆるSocket A対応のCPUだ

 「Geode NX 1250@6W」は、今月2日に発売された「Geode NX 1750@14W」の下位モデル。実クロックは667MHzで、製品名で示されている通り、熱設計電力(TDP)平均6W、最大9Wという低い数値を実現しているのがウリだ。コアは“Thoroughbred”でFSBは266MHz、1次キャッシュが128KB、2次キャッシュが256KB。動作電圧は1.1Vとなる。
 なお、販売しているドスパラ秋葉原本店によると、ファンレス動作の可否や対応マザーボードの状況などは一切不明とのこと。今回の「Geode NX 1250@6W」の登場により、未発売モデルは実クロック1GHzの「Geode NX 1500@6W」を残すのみとなった。

OPN 在庫
OPNは“ANXL1250FYC3S”となっている日本エイ・エム・ディの発表では「Geode NX 1250@6W」と「Geode NX 1500@6W」はヒートシンクのみのファンレス動作が可能という
※当初、動作電圧を1.0Vと表記しましたが、正しくは1.1Vでした。ここにお詫びし訂正いたします。
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ