このページの本文へ

“nForce4 Ultra”マザー販売開始!初の製品はMSI製「K8N Neo4 Platinum」!

2005年01月27日 00時12分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 “nForce4 Ultra”を搭載するSocket 939対応マザーボード「K8N Neo4 Platinum」がMSIから登場した。DFI製「LANPARTY UT nF4 Ultra-D」やECS製「KN1」などサンプル版の展示は行われているが、実際に販売されるのは今回が初。

Neo4
“nForce4 Ultra”搭載マザーの販売1番乗りはMSIとなった。型番には新たに“Neo4”の名が付けられている
「K8N Neo4 Platinum」
機能満載の「K8N Neo4 Platinum」。初回の流通量は少なく貴重な製品だ

 “nForce4 Ultra”は、上位モデル“nForce4 SLI”のSLI非対応モデル。nVIDIAのウェブサイトによると「PCの電源を入れた瞬間に、ハッカーによる攻撃や悪意のあるスパイウェアからPCを保護してくれる」という“ActiveArmor機能”や、3.0Gbit/s Serial ATAなど“SLI”以外の機能は“nForce4 SLI”と基本的に同様だ。ちなみに、最下位モデルとなる“nForce4”では“ActiveArmor”や3.0Gbit/s Serial ATAなどはサポートされていない。

“nForce4 Ultra” Serial ATA
ラインナップ上では、ちょうど“nForce4 SLI”と“nForce4”の中間にあたるチップセットとなる“nForce4 Ultra”Serial ATAポートは“nForce4 Ultra”とSilicon Imageを合わせて8ポート搭載している

 発売された「K8N Neo4 Platinum」は、機能満載の豪華モデル。どちらもMarvell製チップによるデュアルギガビットイーサネットをはじめ、IEEE1394(VIA製“6307”)、8チャンネルサウンド(RealTek製“ALC850”)、“nForce4 Ultra”によるSerial ATA RAID(3.0Gbit/s RAID 0/1/0+1)が4ポート、Silicon Image製チップによるSerial ATA RAID(RAID 0/1/5)4ポートがオンボード。
 拡張スロットの構成は、PCI Express x16、PCI Express x4、PCI Express x1がそれぞれ1本ずつ、PCI×4(うちオレンジ色の1本は無線LANカードの使用に適しているという“Communication slot”)。DDR400に対応するメモリスロットは計4本となっている。「SLIを導入する予定はない」もしくは「ビデオカードにはPCI Express対応のRADEONを」などと考えているAthlonユーザーにとっては要注目の製品だが、本日販売を確認したのはZOA秋葉原本店の1万8480円のみ。今週中に他のショップにも入荷する予定だが、初回の流通量は少ないとみてよさそうだ。

拡張スロット ブラケット部
拡張スロットの構成。珍しくPCI Express x4スロットを装備するほか、無線LANカードの使用に適しているという“Communication slot”(オレンジ色)のPCIスロットが用意されているブラケット部。オンボードインターフェイスは豊富。S/PDIF OUTはコアキシャルとオプティカル両方用意されている
パッケージ 日本語マニュアルなし
SLIに興味なし、またはVGAにはRADEONをというユーザーにとっては本命マザーとなるかもしれない製品だ日本語マニュアルは付属していない(パッケージには有りと表記)。購入後、ユーザー自身が申し込むようになっているので注意が必要
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ