このページの本文へ

レッスンソフトや練習用ゲームが付いたUSB接続の“キーボード”がDigital Blueから

2005年01月21日 23時23分更新

文● 水野

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 USB顕微鏡でお馴染みのDigital Blueから、USB接続のキーボード「Piano Professor」が登場した。キーボードといっても文字入力のものではなく、ピアノ演奏用のキーボードだ。

「Piano Professor」
USB接続のキーボード「Piano Professor」

 鍵盤の数は37。同梱のソフトをインストールする事により、10のレッスンメニューや練習用ゲームによりピアノ演奏を学べるという。そのほか60曲の無伴奏曲(プレイヤー自身が伴奏を演奏する)を収録しており、演奏をPCに録音することも可能という(録音形式は不明)。
 Digital Blue製品ということで、どちらかといえば子供用の玩具に近い製品だが、鍵盤を叩いて音を出して楽しむという用途ならば、大人でも手軽で良いかも?価格はぷらっとホームで1万2800円。なお、同店による輸入版で、ソフトやマニュアルは全て英語となっている。

いろいろ収録 エコーもビブラートも
10のレッスンメニューや練習用ゲーム、60曲の無伴奏曲を収録本体上部のボタンを押すことで、音にエコーやビブラートをかける事も可能
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ