このページの本文へ

Digital BlueのUSB顕微鏡がパワーアップして登場

2004年11月26日 21時42分更新

文● 美和

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Prime EntertainmentのデジタルおもちゃブランドであるDigital Blueから、USB接続の顕微鏡「QX5 Computer Microscope」が登場した。以前発売されていた「QX3 Computer Microscope」の後継モデル。

パッケージ
640×480ドットで画像の取り込みが可能になった「QX5 Computer Microscope」

 外観は前モデルと差異は見られず、本体の色の青味が強くなったという程度。ショップの説明では映像機能が強化されたとのことで、静止画撮影機能では、前モデルは320×240ドットで取り込んだ画像を512×384ドットに拡大していたが、同製品では640×480ドットでの取り込み・表示が可能になった。また、動画撮影は320×240ドット、15フレーム/秒でAVI形式で保存可能な点は変らないが、付属のソフトウェアに新たに3倍速で早送り再生する機能が搭載された。そのほか、10/60/200倍の3段階で倍率変更可能な点や対物レンズユニットが取り外し可能という仕様は前モデルと変らない。価格は、ぷらっとホームで1万6800円。

取り外し 倍率
前モデル同様、対物レンズユニットは取り外しが可能なため、顕微鏡のステージに乗らないようなものも拡大可能10/60/200倍の3段階で倍率変更を変更できる
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ