このページの本文へ

PCカード型TVチューナ/キャプチャカードがバッファローから!

2004年12月07日 23時52分更新

文● 美和

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 バッファローから、PCカード(CardBus)タイプのソフトウェアエンコードTVチューナ/キャプチャカード「PC-SMP2E/CB」が登場した。

本体
PCカード(CardBus)タイプのTVチューナ/キャプチャカード「PC-SMP2E/CB」。ソフトウェアエンコードとなる

 解像度は最大720×480ドットで、録画形式はMPEG2、MPEG1、WMV、AVIで可能。映像ビットレートは192Kbps~15Mbps、音声は64Kbps~384Kbps(MPEG1レイヤ2)で設定可能となっている。チューナーを内蔵しており、受信可能なチャンネルはVHF 1~12ch、UHF 13~62ch、CATV C13~C63。プログレッシブ再生が可能で、録画用とオーバーレイ表示用の2つに信号を分岐することでCPU負荷を低減させる機能“ダイレクトプレビュー”を搭載する。
 録画コントロールソフト「PCastTV」が付属しており、iEPGやメールでの予約も可能。インターフェイスはA/V端子(ミニジャック)、S-Video端子、アンテナ端子(ミニジャック)となっており、S-Videoケーブル、コンポジット/ミニジャック変換ケーブル、アンテナ用F型コネクタ/ミニジャック変換ケーブルが付属する。サイズは133(W)×55(D)×20(H)mm、重さは約51g。価格はTWOTOP秋葉原本店で9280円。

AGP
録画形式はMPEG2、MPEG1、WMV、AVIと豊富ソフトウェアエンコードのため、MPEG2で解像度640×480ドット、ビットレート6.4Mbpsで録画する場合、Pentium 4-1.6Ghz以上の環境が必要となる
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ