このページの本文へ

“Socket 939”版Athlon 64発売!

2004年06月01日 23時54分更新

文● 水野

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
“Socket 939”版Athlon 64 初回価格
“Socket 939”版Athlon 64。パッケージも新しくなった価格はやや高め

 1日(現地時間)、AMDより正式に発表された“Socket 939”版Athlon 64の販売が早速はじまっている。発表されたのは3モデルとなっているが、本日アキバに入荷したのは「Athlon 64-3800+」と「Athlon 64-3500+」の2種類。もちろんリテールパッケージだ。



“Socket 939” OPN
本日入荷したのは「Athlon 64-3800+」と「Athlon 64-3500+」の2種類。もうひとつの「Athlon 64-3700+」は未入荷「Athlon 64-3500+」のOPNは“ADA3500DEP4AW”

 “Socket 939”は、これまでの“Socket 754”“Socket 940”の後継となる Athlon 64/Athlon 64 FX用新ソケット。チップセットとしては現在のところVIA製“K8T800 Pro”が同ソケット版Athlon 64の正式サポートをうたっているが、マザーボードとしては同チップセットを採用したASUSTeK製「A8V DELUXE/WIFI-G」が先週T-ZONE.PC DIY SHOPで1枚販売されただけとなっている。
 “Socket 939”版Athlon 64/Athlon 64 FXの最大の特徴は、アンバッファードタイプのメモリモジュールによるデュアルチャネルDDRをサポートするようになったこと。“Socket 754”“Socket 940”では高価なレジスタードタイプのメモリモジュールを使用するほかなかったが、“Socket 939”ではより低価格でAthlon 64環境が手に入ることになる。
 新Socketへの移行によりパッケージも一新、これまで親しまれてきたブリスターパッケージから紙箱へ変更されており、識別は容易だ。箱には窓が設けられており、箱に入った状態でもCPU本体が見えるようになっている。実クロックは「Athlon 64-3800+」が2.4GHz、「Athlon 64-3500+」が2.2GHz。いずれもコアのリビジョンは“CG”となっており、2次キャッシュ容量は512KB。OPNは「Athlon 64-3800+」が“ADA3800DEP4AW”「Athlon 64-3500+」が“ADA3500DEP4AW”。本日入荷したショップと価格は下の表の通り。
 なおCPUは発売されたものの、対応マザーボードは先週にASUSTeK製「A8V DELUXE/WIFI-G」がT-ZONE.PC DIY SHOPで1枚販売されただけで、現在のところ販売を行っているショップはない。こちらに関しては複数ショップが今週中の入荷を予定しており、週末には本格的に“Socket 939”時代の到来となりそうだ。



1日現在の価格

価格 ショップ
Athlon 64-3800+
\89,800 ZOA 秋葉原本店
\89,950 OVERTOP
\90,090 TSUKUMO eX.
Athlon 64-3500+
\62,450 OVERTOP
\62,980 ZOA 秋葉原本店
\63,000 TSUKUMO eX.
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ