このページの本文へ

バッファローのネットワークHDDに無線LAN対応モデル!

2004年10月05日 21時31分更新

文● 水野

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 バッファローのネットワークHDDといえば“LinkStation”。その無線LAN対応モデルが登場した。160GB/250GB/300GBの3種類の容量がラインナップされているが、今回発売となったのは最大容量300GBの「HD-H300LWG」。

「HD-H300LWG」
バッファロー製ネットワークHDD“LinkStation”の無線LAN対応モデル「HD-H300LWG」

 HDD本体のインターフェイスは10/100BASE-T対応イーサネットおよびUSB2.0となっており、IEEE802.11b/g無線LAN対応の無指向性アンテナをセットにした製品だ。アンテナは専用コネクタによりケーブルを介して接続される。なお、無線接続はアクセスポイントとの接続専用となっている。FTPサーバ機能を搭載するほか、USB2.0ポートにプリンタをつなげばプリントサーバとして使用が可能。また後日公開予定というファームウェアのアップデートが必要となるが、同社製ネットワークメディアプレーヤ「LinkTheater」のサーバとして設定することも可能で、PCなしでの動画・静止画の再生が可能となる。価格はTSUKUMO eX.で5万5800円。

アンテナセット 300GB
HDD本体のインターフェイスは10/100BASE-T対応イーサネットおよびUSB2.0となっており、IEEE802.11b/g無線LAN対応の無指向性アンテナをセットにした製品160GB/250GB/300GBの3種類の容量がラインナップされているが、今回発売となったのは最大の300GBモデルだ
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ