このページの本文へ

初の“GeForce 6800GT”搭載ビデオカードがLeadtekから!流通量はやはり少数

2004年06月30日 22時27分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「WinFast A400 GT TDH」 GeForce 6800 Ultra/GT
初の“GeForce 6800GT”搭載ビデオカード「WinFast A400 GT TDH」幻のビデオカードといっても過言ではない“GeForce 6800 Ultra/GT”製品

 Leadtekから、初の“GeForce 6800GT”搭載ビデオカード「WinFast A400 GT TDH」が登場した。なお同社からは、同時に“GeForce 6800 Ultra”を搭載した「WinFast A400 Ultra TDH」も発売されている。



電源コネクタ インターフェイス
“GeForce 6800GT”の電源コネクタは1つインターフェイスはVGA、DVI、TV-OUTという構成
カードは立つ ポップ
巨大な冷却機構を搭載した2スロット仕様の製品。AGPスロットに挿さなくても、厚みゆえにカードは立つ…入荷したショップは、どこもかしこも1本のみ。入手するのは至難の業

 “GeForce 6800GT”は、最上位モデル“GeForce 6800 Ultra”の低クロック版といえるGPU。動作クロックも“GeForce 6800 Ultra”のコア400MHz/メモリ1.1GHzに対して、“GeForce 6800GT”はコア350MHz/メモリ1GHzとなり、パイプライン数16という仕様は同じだ。シリーズ最下位モデルとなる“GeForce 6800”は、パイプライン数12のコア325MHz/メモリが700MHzとなるので、“GeForce 6800GT”はきわめて“GeForce 6800 Ultra”に近いモデルといえるだろう。
 「WinFast A400 GT TDH」のカード本体は、ご覧の通り巨大な冷却機構を搭載した2スロット仕様の製品で、重量もかなりのもの。下で紹介する“GeForce 6800 Ultra”の「WinFast A400 Ultra TDH」とほとんど同様の形状となっている。その他搭載メモリはDDR3の256MB。インターフェイスはVGA、DVI、TV-OUTという構成だ。30日時点で在庫を確認したのはクレバリー1号店で、価格は5万5933円。ただし販売は、今週日曜からの先着順ということだ。



「WinFast A400 Ultra TDH」 コネクタが2つ
こちらは“GeForce 6800 Ultra”搭載「WinFast A400 Ultra TDH」外観は「WinFast A400 GT TDH」とほとんど同じ電源コネクタが2つ装備されている
デュアルDVI 裏面
インターフェイスはデュアルDVI、TV-OUT裏面にも銅製のプレートが。これも「WinFast A400 GT TDH」と同じ

 もうひとつの“GeForce 6800 Ultra”搭載「WinFast A400 Ultra TDH」も、外観は「WinFast A400 GT TDH」とほとんど同じ。目立った違いは、電源コネクタが2つ装備されている点とインターフェイスがデュアルDVI、TV-OUTとなっているところだ。当然クロックは異なり、コア400MHz/メモリ1.1GHz。搭載メモリはDDR3の256MBとなる。価格はパソコン工房秋葉原店で6万9800円、クレバリー1号店で7万108円(完売)、ZOA秋葉原本店で7万4800円(完売)となっているほかT-ZONE.PC DIY SHOPでは予価が約7万5000円として週末の土曜午後から販売するとしている。
 ところで、以上のように幻のビデオカードといっても過言ではない“GeForce 6800 Ultra”と“GeForce 6800GT”搭載製品だが、いっこうに流通状況が改善される見通しはない。Leadtekについては、今週中に再び出回る予定があるというが、こちらも数は期待できそうにない。本格的な流通にはまだまだ時間がかかりそうだ。



【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ