このページの本文へ

1スロット仕様の“GeForce 6800 Ultra”カード「GLADIAC 940 Ultra 256MB」がデビュー!

2004年06月18日 21時39分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
GeForce 6800 Ultra 「GLADIAC 940 Ultra 256MB」
ほとんど幻といっていい“GeForce 6800 Ultra”カードリファレンスデザインと異なる1スロット仕様となるのが特徴の「GLADIAC 940 Ultra 256MB」

 昨日“GeForce 6800”搭載のビデオカード「GLADIAC 940 128MB」を発売したばかりのELSAから、今度は最上位モデルとなる“GeForce 6800 Ultra”搭載の「GLADIAC 940 Ultra 256MB」が登場した。入荷数は各ショップとも1本のみと、相変わらずの少なさだ。



電源コネクタ カード裏面
4ピン電源コネクタを2つ仕様するほか、350W以上の電源を必要動作環境にあげているカード裏面にはヒートシンクなどは装備せず、すっきりとしたもの
ケーブル類 パッケージ
付属のケーブル類はDVI-VGA変換アダプタ×2、S-VIDEOコンポジット変換ケーブル、電源ケーブル×2となるパッケージは“GeForce 6800”搭載の「GLADIAC 940 128MB」とそっくり

 “GeForce 6800 Ultra”搭載のビデオカードといえば、先月末にInnoVISIONと玄人志向からわずかに販売されて以来、まったく音沙汰のなかった製品だ。今回登場した「GLADIAC 940 Ultra 256MB」も、予想通りとはいえ流通量は大変少ないが、人気メーカーのひとつであるELSA製というのは注目に値する。
 カード本体は、昨日登場した「GLADIAC 940 128MB」でも採用している冷却機構「E.S.C.S II(第2世代Elsa Silent Cooling System)」を装備するため、先の2製品と異なる1スロット仕様となっている。ただし、4ピン電源コネクタを2つ必要とする点や、350W以上の電源を必要動作環境にあげているところは変わりはない。
 そのほか主な仕様は、搭載メモリにGDDR3の256MB。コアクロック400MHz、メモリクロック1.1GHzとなり、インターフェイスはDVI×2、TV-Outというもの。価格はクレバリー1号店で7万5358円(日曜から販売)、OVERTOPで7万5800円(売り切れ)、ツクモパソコン本店で7万9800円(売り切れ)、T-ZONE.PC DIY SHOPで7万9800円(週末販売予定)と、ほとんど幻といっていい製品だ。



【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ