このページの本文へ

GigabyteからOpteronマザーが!3万円台で発売!

2004年06月02日 23時17分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「GA-7A8DW」 チップセット
Gigabyte製Socket 940デュアルOpteron対応ATXマザーボード「GA-7A8DW」搭載チップセット“AMD-8111+AMD-8131+AMD-8151”の3チップ構成により、AGP/PCI-Xスロットの両方をサポート

 GigabyteからSocket 940デュアルOpteron対応ATXマザーボード「GA-7A8DW」が登場した。このマザーは、昨年7月に行われた日本ギガバイト主催のイベント「Gigabyte Expo in 秋葉原 2003 Summer」でも展示されていた製品。



ギガビット パッケージ
Broadcom“BCM5705 ”によるギガビットイーサネット対応CPUである“2xx”Opteronシリーズも、最近では2万円台からの購入が可能。

 この製品の特徴は、搭載チップセット“AMD-8111+AMD-8131+AMD-8151”によりAGP/PCI-Xスロットの両方をサポートするところだ。よって拡張スロットはAGP×1、PCI-X×2、PCI×1という構成になる。また、ECC Registered 対応のDDR400を最大8GBまで搭載可能なメモリスロットは計4本。オンボードインターフェイスには、Broadcom“BCM5705 ”によるギガビットイーサネットのほか、RAID 0/1/0+1をサポートするSilicon Image“Sil3114” によるSerial ATAを4ポート装備する。価格はアークで3万8980円、OVERTOPで4万580円で、他社製デュアルOpteron対応マザーボードと比較して安いのもウリのひとつ。対応CPUである“2xx”Opteronシリーズも、最近では2万円台からの購入が可能となっている。



【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ