このページの本文へ

最速Opteron登場!“Opteron 248”販売開始!

2003年12月03日 20時45分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「Opteron 248」
本日発売された2Way用Opteronシリーズの最上位モデル「Opteron 248」

 先月17日に発表された2Way用Opteronシリーズの最上位モデル「Opteron 248」が、本日ぷらっとホームに入荷した。最近、値下げ傾向にある同シリーズのCPUだが、今回発売された製品は最上位モデルだけに販売価格も11万5000円とかなり高価だ。



本体 パッケージ
今回発売された「Opteron 248」は「Athlon 64 FX-51」と並び、64bitプロセッサとして最高クロック周波数の製品ということになる。販売価格も11万5000円とかなり高価だ

 「Opteron 248」の実クロック周波数は2.2GHz。同じく64bitプロセッサとして販売されている“Athlon 64”の最上位モデルは、「Athlon 64-3200+」が2.0GHz、また“Athlon 64 FX”が「Athlon 64 FX-51」の2.2GHzとなるので、今回発売された「Opteron 248」も「Athlon 64 FX-51」と並ぶ、最高クロック周波数の製品ということになる。
 なお、同社からは「Opteron 248」と同時に1Way用の「Opteron 148」と8way用の「Opteron 848」も発表されているが、あわせてPC3200レジスタードタイプのメモリサポートも発表されている。それによるとモデル番号の末尾が“46”以上(146/246/846以上)の“Opteron”が対象で、間もなく追加される予定とのことだ。



【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ