このページの本文へ

Opteronとマザーがセットで1万4980円!安価なセットモデルが登場

2004年12月18日 23時35分更新

文● 美和

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 TWOTOP秋葉原本店で、Opteron 140とLeadtek製Socket 940マザー「WinFast K8NFX」のセットが1万4980円で販売されている。

ポップOpteron 140とLeadtek製Socket 940マザー「WinFast K8NFX」のセットが1万4980円。安い!

 現在、Opteron 140は約1万円、Socket 940マザーも安めのもので約1万円となっており、2つ合わせると約2万円。今回のセット商品は、それよりも少なくとも5000円近く安い計算だ。ちなみに、パッケージにはマザーとCPUの値段の内訳が表示されており、Opteron 140が9000円で、マザーの「K8NFX」が5980円とのこと。

マザー本体 内訳
Leadtek製Socket 940マザー「WinFast K8NFX」内訳は、Opteron 140が9000円で、マザーの「K8NFX」が5980円

 「WinFast K8NFX」は今回初めて登場したSocket 940マザーで、すでに登場している「WinFast K8NFX PRO」から、3ポート搭載されているIEEE1394を2ポートに減らし、特定のHDDへのアクセスをコントロールするIEEE1394接続のセキュリティキーを非搭載にした製品。チップセットには、“nForce3 150”を搭載。拡張スロットは、AGPx8×1、PCI×6、メモリスロットはDDR(PC3200)×4となっており、レジスタードタイプのDDRモジュールが必要となる。そのほかはIDE×2、Serial ATA×4となっており、Silicon image製Serial ATA RAIDチップ“Sil3114”により、RAID0、1、0+1をサポートする。インターフェイスは、USB2.0×4、10/100BASE-TXイーサネット、ギガビットイーサネット、アナログ音声入出力×各1、マイク入力など。パワフルな環境を安価に構築したいという人にとっては、見のがせないセット商品だ。

メモリ 拡張スロット
レジスタードタイプのDDRメモリを使用しなければならない拡張スロットは、AGP x8×1、PCI×6
RAID 背面
Silicon image製Serial ATA RAIDチップ“Sil3114”により、RAID0、1、0+1をサポート背面インターフェイスとして、USB2.0×4、10/100BASE-TXイーサネット、ギガビットイーサネット、アナログ音声入出力×各1、マイク入力などが用意されている
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ