このページの本文へ

ヒートパイプを採用する全銅製タワー型CPUクーラー「HYPER 6」明日登場!

2004年05月27日 23時28分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「HYPER 6」 パッケージ
クーラーマスターのタワー型CPUクーラー「HYPER 6」新デザインのパッケージを採用している

 明日28日から、クーラーマスターのタワー型CPUクーラー「HYPER 6」の販売がはじまる。全銅製で高さ120mmという大型のヒートシンクを6本のヒートパイプが貫くという構造で、外装カバーはアルミ製。サイドに装着する8cm角ファンも付属している。



下部 ヒートパイプ
全銅製ということで重量は980gとかなり重い大型ヒートシンクを6本のヒートパイプが下から貫く構造
CPU接地部分 付属品
CPU接地部分。取り付け可能なSocketはリテンションを使うことで478/754/940に対応付属品。3.5インチまたは背面ブラケットに取り付けて使用するファンコントロール用ブラケットが付く

 同梱のファンは回転数1800rpm~3000rpm、騒音値21dB~34dBの可変速タイプ。同社のCPUクーラーではお馴染みの、3.5インチベイまたは背面ブラケットに取り付けて使用するファンコントローラが付属する。Socket478/754/940に対応し、それぞれPentium4(Prescott)-3.4GHz、Athlon 64-3400+、Athlon 64FX-53、Opteron 250相当までの対応となっている。
 明日から販売予定の高速電脳によると、そのサイズゆえに「マザーボードによってはチップセットクーラー等に干渉するおそれがあるので要確認」とのこと。また全銅製ということで、重量が980gとかなり重い点も注意だ。価格は同店で7119円。明日にはほかの複数ショップでも販売が始まるはずだ。



【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ