このページの本文へ

テンアートニがOSDLに参加

2004年04月21日 19時47分更新

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

米オープン・ソース・デベロップメント・ラボ(Open Source Development Lab、以下:OSDL)は、(株)テンアートニがOSDLに参加し、データセンターLinux(DCL)およびキャリアグレードLinux(CGL)ワーキンググループに参加予定であると発表した。

テンアートニの代表取締役社長の喜多伸夫氏は「日本の企業各社は急速にLinuxに移行しています。われわれは、グローバルなLinuxエコシステムにおいて、さらに密に協業するためにOSDLに参加し、データセンターにフォーカスして、エンタープライズ市場のおける大規模Linuxシステムの導入を加速していきます」とコメントしている。

カテゴリートップへ

ピックアップ