このページの本文へ

テンアートニとE3ネットワークス、エンタープライズLinuxサーバ・ソリューションの提供で提携

2004年05月18日 15時35分更新

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)テンアートニとE3ネットワークス(株)は18日、サーバのリソース監視、システムパフォーマンス・ソリューション分野において、マーケティングおよび技術分野で協業すると発表した。テンアートニのサーバブランドであるノーザンライツサーバシリーズにおいて、標準採用している『Red Hat Enterprise Linux 3』でのリソース監視を行うソフトウエアとして、E3ネットワークスの『SMO』を正式に採用し、本日より販売を開始する。

E3ネットワークスの『SMO』は、CPUやメモリーなど一般的なサーバの障害監視やパフォーマンス管理機能、Oracleデータベースの監視・管理機能をソフトウェア・エージェントに搭載したサーバ監視のためのソフトウエア製品だ。

カテゴリートップへ

ピックアップ